>  > SCREEN modeが語る、音楽で突き抜けること

ニューシングル『Reason Living』インタビュー

SCREEN modeが語る、音楽家として突き抜ける方法「意図がはっきりしたコンテンツをやりたい」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アニソンを再定義する。流行りのエレメンツを使わずに新しいものを作る。たとえ意味のない歌詞にも説得力を持たせる――毎回刺激的なフレーズが飛び出すSCREEN modeのインタビュー、今回のアイテムはTVアニメ『文豪ストレイドッグス』(TOKYO MXほか)第2クール・オープニングテーマ「Reason Living」だ。シンプルなマイナーキーのエイトビート、華麗に舞うストリングス、キャッチーなサビ始まりによる、作曲家・太田雅友が伝家の宝刀を抜いた豪快なロック・チューンと、これまで以上に熱くワイルドな歌を聴かせる勇-YOU-とのバランスは完璧。収録曲3曲の意外な関連性も含め、謎解きの楽しさにあふれた最新語録の登場だ。(宮本英夫)

「前回よりも進化できた実感がある」(勇-YOU-)

――今回もまた、ミュージック・ビデオがすごいことになっていて。

勇-YOU-:体を張りましたね(笑)。前回はボクシングだったんですけど、今回は総合格闘技というか、組み技ありのアクションに挑戦したので。やりがいがありました。

――撮影秘話はあとでたっぷりと。新曲「Reason Living」は、前作の「ROUGH DOAMONDS」に引き続き、熱いロック・チューンになりましたね、雅友さん。

雅友:そうですね。

――それは『文豪ストレイドッグス』サイドからのリクエストもありつつ、SCREEN modeの今の志向がそっちを向いているということなのかな?と。

雅友:そうですね……熱いということでも、熱くないことでもいいんですけど、意図がはっきりしているコンテンツをやりたくて。たとえば「Reason Living」であれば、戦いの要素があるんですけど、MVひとつとってもただ演奏しているだけとか、イメージシーンがちょっと入ってくるだけとか、それってよくあるじゃないですか。その中で突き抜けて行くためには、自分たちのやっていることをはっきりさせることが必要だと感じているんですね。で、たまたまなんですけど、『文豪ストレイドッグス』と『食戟のソーマ』(TBS系/オープニング曲が「ROUGH DOAMONDS」)って全然違うアニメなんですけど、わりと曲に求められるものが近くて。『食戟のソーマ』は、料理のアニメであることを忘れて「バトルものと思って作ってください」ということがあったのと、『文豪ストレイドッグス』も戦いの物語というところがあるので、そこが図らずもリンクした部分があって。

――アニメサイドも、SCREEN modeにはこういう曲がハマるだろうという意図があるんじゃないですかね。

雅友:そうですね。まあでも、あんまり暑苦しいものばかりやりたくないですけどね(笑)。ただ、与えられたお題に対して限界までやっちゃう人たちなんで、求められることに対しての結果として、2作続いちゃったみたいな感じです。タイアップがあって、それに合わせて作りましたというのが通常なんですけど、それだとモノ作りのランクとしてレベル1というか、もう一段階上に行きたいなと思うので。そうなった時に、「Reason Living」という作品は、当然僕も勇-YOU-も作詞の松井洋平さんも原作をものすごく読み込んで作ってるんですけど、なおかつそこでSCREEN modeとして何か表現できないか?という時に出てきたのが、あのMVなんですよね。

――ああ~。そうか。

雅友:どんなに逆境にあってもあきらめずに立ち向かっていく、どんなに不遇な状況であっても必ず最後は上に向かっていくという、SCREEN modeとしての気持ちがリンクしていて。最後に敵を倒して、光に向かって階段を上っていくんですよ。アニメのイメージと自分たちの思いをリンクさせた結果、すごい熱い人たちみたいになっちゃったんですけど(笑)。とりあえず2作、一生懸命やったら続いたなという感じですね。

――さっきの言い方だと、クオリティはレベル2にも3にも上がったという感じですかね。アニメの世界とは違うもうひとつの映像を、楽曲を媒介にして作り上げるという。

雅友:そうなんですよね。今の時代、ネットにMVを上げるのが最初にみんなが音楽に触れるきっかけになってるんで。そうなった時に、ただ演奏してるだけでも嫌だし、曲と関係なくただ奇抜なものも嫌だなと思って、そこで何をするかが大切だと思うんですね。そこで勇-YOU-が戦っていたりして、見てる人が退屈しないように、エンタテインメント性があったほうがいいなと思うので。

――勇-YOU-さん。撮影はどうでした?

勇-YOU-:拷問されるシーンから、戦うシーンがあって、最終的には光に向かって脱出していくという流れになってるんですけど。作品を見てくださる人それぞれに違った見方があると思うし、単純に描写すれば、悪の組織につかまって逃げ惑う姿に見えるけど、それを深めていくといろんな心理が見えてくるので、それぞれに楽しんでもらいたいなと思いますね。アクション・シーンは前回に増してかなり過酷で、殴り合うだけじゃなくて組み合ったりすると余計に筋肉も使うし、細かいケガをしたり擦り切れたりもするし。プロに指導してもらいながら短時間であの映像を生み出すのは、勇気も集中力も精神力もいることだったので、研ぎ澄まされた状態でやれてシビれたなという感じですね。おかげで前回よりも進化できた実感があったし、自分の中でも変化を感じてます。

――はい。なるほど。

勇-YOU-:それと『文豪ストレイドッグス』のオープニング・テーマ曲ということで、登場人物の中島敦や芥川龍之介や太宰治の心情を取り入れた部分がすごくあるんですよ。中島敦って、異能力のせいで孤児院を追放されて、誰にも相手にされないときに拾ってくれたのが探偵事務所だったんですね。芥川龍之介も同じような感じで、ポートマフィアという悪の組織に入っていて。ふたりとも根はピュアなんですけど、たまたま入ってしまったところが善と悪だっただけで、芥川も悪だと思って人を殺してないんですよ。罪悪感を感じないで人を殺すという、裏を返すと、怖いほどの純粋性を秘めているような気がしていて。だけどその先にある“生きる意味”って何だろう?ということは、中島敦も芥川龍之介も、それぞれの人生を踏まえながらいろいろ考えてると思うんですね。それは太宰治もそうなんですよ。今やってる第2クールは、太宰治がポートマフィアにいた闇の時代から始まるんですけど、彼が転向する大きな理由が明かされて、彼もまた淋しい過去を背負っていることがわかるんですね。だけど、はかなくとも、答えが見えなくても、バラバラに見えても探偵事務所には不思議な結束感があって、ほっとする感じもあるし。中島、芥川、太宰とか、それぞれのキャラクターの心情にもリンクさせようとして、この歌詞を作ったということもありますね。

SCREEN mode – TVアニメ『文豪ストレイドッグス』第2クールOP主題歌「Reason Living」- MV Full Size -スクモ

「SCREEN modeが語る、音楽家として突き抜ける方法「意図がはっきりしたコンテンツをやりたい」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版