>  >  > 欅坂 平手がMステで残した強烈なインパクト

欅坂46 平手友梨奈、『Mステ』初出演の衝撃 デビュー曲におけるセンターの役割とは

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 欅坂46が、4月22日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に初出演し、デビュー曲「サイレントマジョリティー」を披露した。

 番組冒頭、タモリと共に番組MCを務める弘中綾香アナは、同グループを「今月デビューした欅坂46のみなさんは、14歳の平手友梨奈さんがセンターに抜擢されたことでも大注目のアイドルグループなんです」と紹介。タモリのお決まりのフレーズ「初めてのMステ出演、どうですか?」に、センターの平手は「すごく緊張しているんですけど、メンバー全員で頑張りたいと思います」と初々しく答えた。

 秋元康氏が総合プロデュースを手掛ける“AKB48グループ”や“坂道シリーズ”において、デビュータイミングでの『ミュージックステーション』出演は初の快挙だ。番組中盤には「カッコイイ14歳のセンター誕生」というキャッチコピーのもと、冠バラエティ番組『欅って、書けない?』(テレビ東京系)でMCを担当する土田晃之がラジオで発言した「平手が超カッコいいの!」という言葉が取り上げられた。

 見た目は天真爛漫な明るい中学3年生の平手だが、「カッコいい」と誰もが声をあげたくなる魅力はそのパフォーマンスにある。「サイレントマジョリティー」のサビは、メンバーが通路を作り、そこを平手が右手を高く掲げ、拳を握りながら<君は君らしく生きて行く自由があるんだ 大人たちに支配されるな>と凛々しい表情で歌唱する。さらに、大サビ前ではメンバー全員が横一列にしゃがんだ状態から平手1人が右手を突き上げ、眼光鋭い顔付きで圧倒的存在感を放つ。

 放送の反響はTwitterのトレンドにすぐに現れ、「Mr.KING」「ベビメタ」「スピッツ」など出演アーティスト名が並ぶ中、欅坂46はグループ名ではなく「平手ちゃん」というワードがトレンド入りしていた。平手のパフォーマンスが視聴者に強烈なインパクトを残したことが伺える結果だ。

 アイドルグループには“入り口”となる人物が存在する。AKB48では前田敦子、同じ坂道シリーズの乃木坂46では、初期5作のセンターを務めた生駒里奈。それらの後継者に当たるのがまさに平手だ。乃木坂は、生駒が“入り口”としてグループの土壌を固めて以降、6作目『ガールズルール』からは白石麻衣、西野七瀬などにセンターのバトンが渡っている。欅坂も今後は、平手が“入り口”となりグループの知名度をあげていくことだろう。番組では、平手のみをクローズアップした構成であったが、平手の左脇を固めるフロントメンバーの「ゆいちゃんズ」今泉佑唯、小林由依の2人や、最年長メンバーでありながら口下手で天然キャラの渡辺梨加など、今後は未来のセンターを担いうるメンバーにもスポットライトが当たっていくはずだ。

(文=渡辺彰浩)

「欅坂46 平手友梨奈、『Mステ』初出演の衝撃 デビュー曲におけるセンターの役割とは」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版