>  >  > 欅坂46、快進撃の理由を紐解く

欅坂46、異例の『Mステ』スピード出演へ グループの特色から快進撃の理由を紐解く

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 欅坂46が、4月22日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に初出演し、デビュー曲「サイレントマジョリティー」を披露する。

 秋元康氏が総合プロデュースを手掛ける“AKB48グループ”や“坂道シリーズ”において、デビュータイミングでの『ミュージックステーション』出演は初めての快挙。また、デビュー曲「サイレントマジョリティー」のMV再生回数は4月20日時点で650万回を突破している。先日発表された2016年04月04日~2016年04月10日のCDシングル週間ランキング(2016年04月18日付)(ORICON STYLE)では、発売初週に261,580枚を売り上げ、女性アーティストのデビュー・シングルの初週売り上げ枚数記録を更新した。

 なぜ、欅坂46はデビュータイミングからここまで大きな盛り上がりをみせているのだろうか。『「アイドル」の読み方: 混乱する「語り」を問う』の著者であるライターの香月孝史氏は、グループが快進撃を果たした理由のひとつとして、“コンセプトの強さ”をスタート段階から明確に示したことを挙げる。

「欅坂46がデビュータイミングから多くのファンを獲得したのは、グループが明確なコンセプトを打ち出し、それに沿った形で洗練されたMVや楽曲、振付や衣装等のビジュアルにまで統一感をもたせたクリエイティブを発表したことが大きいと考えられます。とくに反響の大きかったのが『サイレントマジョリティー』のMV公開タイミングですね。同曲のMVはシリアスな楽曲と詞のテーマ性に強く関連づけたコンセプチュアルな振付、再開発中の東急東横線渋谷駅というロケーション等によって緊張感を保った映像に仕上がっているため、グループの成り立ちやメンバーのパーソナリティといった“文脈”を知らない層に向けても、MV単体でその魅力が伝わりやすいものになっていました。その結果、650万回という再生数を叩き出し、アイドルファン以外にも広く訴求し、この快進撃が生まれたといえるでしょう」

      

「欅坂46、異例の『Mステ』スピード出演へ グループの特色から快進撃の理由を紐解く」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版