>  > 嵐・二宮アカデミー賞受賞のとき、メンバーは?

嵐・二宮和也のアカデミー賞受賞を祝わなかったメンバーがいた? 「お二人、忙しかったのかな」

関連タグ
JPOP
VS嵐
アイドル
ジャニーズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
realsound-arashi.jpg

(C)タナカケンイチ

 嵐が番組オリジナルの大型ゲームでゲストと対戦する、“体感型アミューズメントゲームバラエティー”番組『VS嵐』(フジテレビ)が3月17日にオンエアされた。対戦相手に「チームインターナショナル」としてマイケル富岡、アレクサンダー、ユージ、May J.、栗原類、藤田ニコル、プラスワンゲストに及川光博が登場した。

 オープニングトークでは、櫻井翔が「第39回日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞 二宮和也さんです!」と二宮を紹介、映画『母と暮らせば』で受賞したことを祝った。櫻井が「視聴者のみなさんにコメントをお願いします」と促すと、二宮は「(番組を)観てるみなさん、こんばんは。最優秀男優賞です」と笑顔でお辞儀をし、松本潤から「名前は?」とツッコミを受ける一幕も。続けて二宮はポケットに手を入れながらスタジオを歩き出し、「結果的に……そう! 結果的にもらいました。どうもありがとう!」と笑顔でゆっくりとコメントし、自信たっぷりの二宮の姿に対してスタジオが笑いに包まれた。

 番組の人気ゲーム「ピンボールランナー」では、及川が相葉に確認したいこととして「嵐の新曲『復活LOVE』、作家陣が山下達郎さんと豪華で僕も大好きなんですけど、相葉くんが曲の最後に『おかえり』って言うじゃない? あれって練習するの?」と尋ねた。すると、相葉は「イメトレばっかりしてます。(山下)達郎さん、(竹内)まりやさんも見てるだろうし。『ミュージックステーション』が一番緊張しました」と明かし、続けて「(『ミュージックステーション』で)TOKIOのみなさんが一緒だったんですよ。リハーサルの時にTOKIOのみなさんが見ていらして、俺が『おかえり』って言った瞬間に向こうで(TOKIOのメンバーが)『ただいま!!』って」とリハーサル時のエピソードを披露した。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版