>  >  > 2015年ジャニーズ総括と展望(前編)

年末企画:2015年ジャニーズ総括と展望(前編)

V6躍進、TOKIO国分結婚、KAT-TUN田口脱退、JUMP伊野尾人気……2015年の総括と展望は?

関連タグ
SMAP
KAT-TUN
KinKi Kids
TOKIO
V6
アイドル
ジャニーズ
佐藤結衣
高橋梓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
realsound-v6th_.jpg

(C)タナカケンイチ

 2015年も大活躍だったジャニーズグループのメンバーたち。V6アニバーサリーイヤー、ジャニーズにおける結婚観、KAT-TUN田口淳之介の脱退……今年もさまざまなトピックがありました。今回リアルサウンドでは、ジャニーズ連載を担当している芸能ライターの佐藤結衣さんと高橋梓さんを迎え、2015年ジャニーズ総括の対談企画を実施。一年の振り返りから、2016年にむけた展望までじっくり語っていただきました。(編集部)

先輩・後輩の共演、人間らしさ……2015年のジャニーズ総括

ーー2015年、ジャニーズ全体のトピックはありますか?

佐藤:グループを超えた、先輩・後輩の絡みが多かった一年だったように思います。昨年末は毎年恒例の『カウコン』の放送がなかったので、その分、ジャニーズの結束力みたいなものを一年かけて見せてきたというのもあるのかもしれません。映画『暗殺教室』での嵐・二宮和也さんとHey! Say! JUMP・山田涼介さんの共演や、『UTAGE!』(TBS系)でのSMAP・中居正広さんのKis-My-Ft2のメンバーいじりなど、ジャニーズだからできる先輩・後輩の絡みは例年より多かった印象です。

ーー確かに、共演が増えた印象はありましたね。

佐藤:あとは、ジャニーズ全体の“成熟”でしょうか。デビュー組の中で一番若いのはSexy Zoneですが、ハタチを越えているメンバーもいます。TOKIO・国分太一さんの結婚でジャニーズの結婚に対する暗黙のルールが解放されましたし、KAT-TUN・田口淳之介さんの人生考える(グループ脱退)宣言もありました。「アイドルも人間なんだ」ということを考えさせられた一年でしたね。SMAP・中居さんも一年かけて、随分ぶっちゃけた印象があります。

ーー人間らしさ。

佐藤:そうですね。ジャニーズ全体がもう割と大人なんだっていう。

高橋:テレビでの発言で「ジャニーズなのに、こんなこと言っていいんだ」と思ったことも多かったです。徐々に素を出してきたというか。

佐藤:お酒を飲むシーンも多く見るようになりましたよね。最近は、KinKi Kidsのお二人も『KinKi Kidsのブンブブーン』(フジテレビ系)で日曜の昼からほろ酔い姿を披露してます。『トーキョーライブ』(テレビ東京系)(※10月より『~突撃!はじめましてバラエティ~ イチゲンさん』)でのTOKIO・松岡昌宏さんの酒豪っぷりも見ていて清々しい。

ーーそれぞれ素顔っぽい見せ方が増えたということでしょうか。

佐藤:そうですね、現実にいる人感というか。私たちの子供の頃のアイドルは、架空の人物というイメージだったじゃないですか。これは今のネット社会も関係しているかもしれませんが、ジャニーズ全体がどんどん現実に近づいているような気がしますね。私はその方が健全でいいと思っています。

高橋:現実感がこれまで以上に見えることにより、ファンが発狂することも多々ありましたが(笑)。

佐藤:そうですね(笑)。昔は、ファン一人一人の楽しみ方があったと思うのですが、今はSNSの普及もあって「◯◯というグループ、ファンはこうでないと!」みたいな呼びかけがされることもあったりして。今まではクローズドなものでしかなかったファンの声が、オープンになってきているので、事務所としてもファンの反応を無視できなくなってきているのかなと言う気もします。

ーーインターネットやSNSの普及が、ファンのあり方やジャニーズそのものに変化をもたらしている?

佐藤:TOKIO・国分さんの結婚も、まずはファンクラブにお知らせが届いて、SNSで一気に広まりましたよね。その流れを想定しての対処だったのかなとも。ファンからメディアへ印象が発信されていくというか。

高橋:V6・井ノ原快彦さんの結婚報告のときが大変で、それを踏まえてという経緯もあったようです。V6といえば、アニバーサリーイヤーの勢いがどこまで続くか気になるところですが。

佐藤:私は勢いというよりは、V6の活動はいいペース配分だと思いました。日々それぞれの分野で活躍して、アニバーサリーイヤーに『24時間テレビ』『学校へ行こう!』出演で山場を持ってくるという。デビュー以降だんだん姿を見なくなるより、「それぞれの仕事をやってます」というスタンスで活動しながら、久々にメンバーが集まると「やっぱりいいグループだね」という流れの方がいいなと。今回はモデルケースをつくったと思います。解散せず、それぞれの道でがんばることができる。そういう道が用意されているから、ジャニーズのグループは長く活動できるんですよね。今回の露出で、改めてV6のパフォーマンスのかっこよさにも気づきましたし。

ーー高橋さんの連載でも、二週連続でV6・坂本昌行さんを取り上げていたことがありましたね。

高橋:もともと職人気質なメンバーが好きなんです。そこまで注目していなかったのですが、いろいろ見ているうちに「この人かっこいいかもしれない!」と、坂本さんの良さに気づいてしまいました。そういうことがあるから、ジャニーズってやめられませんね(笑)。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版