>  > 指原のワイプでの一言は影響力大?

指原莉乃、ワイプでの一言は影響力大? 村重杏奈「さっしーの一言で握手会の人数が30人は違う」

関連タグ
HKT48のおでかけ!
JPOP
アイドル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 HKT48の指原莉乃とフットボールアワーの後藤輝基が司会を務める冠番組『HKT48のおでかけ!』(TBS系)の10月8日放送分で、「後藤にハマれ! ニュースター発掘」の模様がオンエアされた。

 同番組は、HKT48が地元ファン獲得のために福岡市やその近郊に「おでかけ」(ロケ)するというもの。今回は番外編として、指原と後藤がHKT48メンバーの中から地味7の新キャラ発掘をし、後藤にハマるメンバーを探すという企画。メンバーには、岡田栞奈、駒田京伽、井上由莉耶、外薗葉月、下野由貴、山下エミリー、村重杏奈が登場した。

 後藤にハマるため、メンバーはそれぞれ一発芸を披露。外薗は、後藤が過去にCDデビューした曲「今は東へ」を歌唱し、指原に最近何の回に出てたか聞かれると、「最近だと浴衣で大運動会の回に出てました。その時に初めて指原さんがワイプで葉月ちゃん(外薗)って言ってくれて。ファンの方も『初めて言ってくれたね』って言ってくれたりそれがすごい嬉しくて」と話し、村重は「さっしー(指原)の一言で握手会の人数が30人は違います」と明かした。続けて山下も「(指原のコメントで)新規増えました!」と告白すると、指原は驚きつつも「ファンの方はワイプの声を気にしてるんですね」と理解を示した。

 また、駒田は、ローラから椿鬼奴へ徐々に変化するモノマネを披露。椿鬼奴のモノマネでの「お酒!」が指原と後藤にハマり、指原は「ワイプで後藤さんもツッコミが出来る」とコメントし、絶賛していた。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版