>  > 櫻井×大野×加藤、アイドルを語る

櫻井翔×大野智×加藤シゲアキ、“アイドルの今”を語る 櫻井「いつか可愛くなくなる、人間だから」

関連タグ
NEWS
JPOP
アイドル
ジャニーズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
realsound-arashi.jpg

(C)タナカケンイチ

 嵐・櫻井翔が、曜日キャスターとして出演しているニュース番組『NEWS ZERO』のスピンオフ番組『櫻井翔×大野智×加藤シゲアキ アイドルの今、コレカラ』が7月31日に放送された。櫻井翔×大野智×加藤シゲアキの3人が、自分たちのアイドルとしての現状を語るという内容だ。

 冒頭、大野智が7年ぶりに開催する個展の話になり、大野は「前回(の個展)で最後で、もう終わろうと思っていたんだよ、俺。この世界」と明かし、加藤は「冒頭で大胆な発言ですね」と驚きを隠せない表情を見せた。続けて大野は「だからジャニーズで(誰も)やったことがないことをやって辞めようと思った」と告白し、加藤は「それでも辞めなかったわけじゃないですか。それは個展で変わったからなんですか?」と質問すると、大野は「2008年から嵐が忙しくなってきた。そんなことも考えられないくらい個人の仕事もバンバンきて、抜け出せなくなってきて。それでそういう(個展をやりたいという)気持ちもなくなったんだよね。10周年で」と明かすと、櫻井が「ネガティブワードの連続ですが気にしないでください」と笑いながら答えていた。

 また、櫻井がキャスターになった頃の話について、大野が「なんでキャスターにいったの? 俺びっくりしたぞ! 新聞で見て初めて知ったからね」と切り込むと、櫻井は「テレビでキャスターの人が独占インタビューをとっていたのを観て、うちの事務所はそういうのやってる人いないよなと思って」と明かし、谷亮子がオリンピックで敗退した際の取材エピソードでは、「敗れちゃって肩を落としている選手のところに行けないのよ。でも行かなきゃなんないのよ。時に傷口に塩を塗らざるを得ないときもある。それはちょっとしんどくなった時もあった」と当時のエピソードを明かした。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版