>  >  > 乃木坂、生駒がセンター返り咲き

乃木坂46、12thシングルで生駒里奈がセンターに 「この夏が勝負。これで年末の紅白が決まる」

関連タグ
乃木坂46
JPOP
アイドル
乃木坂工事中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 乃木坂46の冠番組である『乃木坂工事中』(テレビ東京)。5月11日放送分では、12thシングル選抜メンバーが発表された。

 今回のシングル選抜では11thシングルに引き続き18名で、フロントメンバーに与えられる称号は“十福神”のまま。3列目は左から、松村沙友理、斉藤優里、星野みなみ、齋藤飛鳥、伊藤万理華、井上小百合、新内眞衣、衛藤美彩の8人。9thシングル以来の選抜復帰を果たした井上は「アンダーになってグループを客観的に見るようになってから自分の必要性を考えた。アンダーで学んだものを出したい」と語ると、同じく9thシングル以来の選抜入りとなった斉藤は「ファンの人の間で夏女って言われる。前向きに雰囲気を持っていけるように頑張りたい」と決意表明した。

 続いて2列目のメンバーとして名前を呼ばれたのは、左から高山一実、若月佑美、桜井玲香、秋元真夏、深川麻衣。高山は6thシングル以来、6作ぶりに福神メンバー返り咲きとなった。そして1列目の両脇を固めるのは橋本奈々未と白石麻衣、センターの脇を固めるのは生田絵梨花、西野七瀬と次々発表され、センターが交代することがあきらかになると、最後に名前を呼ばれたのは、生駒里奈。5thシングルぶりのセンターに輝いた彼女は、発表直後に「頭が真っ白になった。兼任で学んだことを活かすという面ではいいチャンスをいただいた。乃木坂46を作っていく段階でのセンターしかやっていないので、勢いを保ち続けてくれた4人のセンター経験者に教えてもらいながら自分なりにやりたい」と意気込みを見せたあと、「この夏が勝負。これで年末の紅白が決まると言っても過言ではないので」と明確な目標を打ち出した。結果、今回は相楽伊織、堀未央奈が選抜から落選した。

 その後、場面はスタジオへと代わり、12thシングルの選抜メンバーが登場。MCのバナナマン・設楽統が「後半まで名前呼ばれないのはどう思った?」と生駒に問いかけると、彼女は「これは一回修行するためにアンダーになるのかと思った」と発表地の心境について語ると、OLとアイドルを兼任する新内は「今までアンダーだったけど、メンバーが違うだけで空気感がこんな違うのかと思って」と初選抜ならではの感想を述べ、バナナマン・日村勇紀から「紅白と忘年会がかぶったりしない?」とツッコまれた。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版