>  >  > HKT48単独ドキュメンタリー公開決定

HKT48単独ドキュメンタリー公開決定 指原莉乃の電撃移籍やグループの躍進に密着

関連タグ
JPOP
アイドル
映画
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20141123-hkt3.jpg

(C)AKS

 HKT48が、11月22日の『HKT48劇場3周年記念特別公演』にて、『DOCUMENTARY of HKT48』を公開するとサプライズ発表した。

 同公演は、2011年11月26日にHKT48劇場がオープンしてから、3周年を迎えたことを祝して行われたもの。今年はスケジュールの都合により、記念日である11月26日に特別公演を開催できず、全国ツアー福岡公演の翌日の11月19日~21日に過去行っていた公演を再演し、22日には全メンバー出演による「HKT48劇場3周年記念特別公演」が開催された。

 この日の公演は、冒頭のMCで宮脇咲良が「3周年を迎えることが出来たのはファンの皆さんのおかげです」と挨拶すると、続けて松岡菜摘が「今日は最初を思い出してもっと輝けるように」と意気込みを語り、ライブがスタート。全力のパフォーマンスや、3年間の思い出を振り返るトークなどを行い、チームHキャプテンの穴井千尋は「今年はツアーが始まって、たくさん皆さんからの温かい応援を身近に感じることができました。これから全国ツアーの追加公演や5枚目のシングル発売も決まったので、4年目もグループとして成長できるよう進んでいきます」と目標を掲げた。

20141123-hkt4.JPG

(C)AKS

 そして、アンコールでは宮脇がAKB48の渡辺麻友とダブルセンターを務め、HKT48からは指原莉乃、兒玉遥、森保まどかが選抜されたAKB48の38thシングル『希望的リフレイン』をHKT48劇場で初披露。さらにその後、全メンバーがステージに集合すると、スクリーンには「『DOCUMENTARY of HKT48』公開決定」というVTRが流れた。これを受けた指原莉乃は「VTRだけですでに泣けるがシーンいっぱいあった」と話し、穴井も「私これ最近、映画館で見てる夢みた!!」と興奮。宮脇は「びっくりした!!」と目を丸くし、兒玉遥は「色々思い出しました。3年でもいろんなことがあったなと…自分たちも見たくなる」と振り返り、全メンバーで「メロンジュース」を披露。3周年記念特別公演は幕を閉じた。

 同映画は、九州7県ツアーや4大アリーナツアーを成功させ、シングルはデビュー曲から4作連続の首位獲得で女性アーティストとして新記録を樹立しているHKT48が、2011年冬に誕生した際の様子や、設立から半年後に訪れた指原莉乃の電撃移籍の裏側などを収録している予定だという。

■映画情報
『DOCUMENTARY of HKT48』(仮題)
2015年公開
企画:秋元康  
出演:HKT48
コピーライト:(C)2015「DOCUMENTARY of HKT48」製作委員会      
公式サイトURL: www.2015-hkt48.jp

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版