>  >  > 乃木坂46がオススメ書籍を紹介

乃木坂46メンバーがオススメ書籍を紹介 秋元真夏「高島彩さんの本で“世渡り”を学んだ」

関連タグ
乃木坂46
JPOP
アイドル
乃木坂って、どこ?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『乃木坂って、どこ?』(テレビ東京)の10月20日分にて、乃木坂46のメンバーによる「乃木坂POP女王決定戦」企画が放送された。

 同企画は、読書の秋ということもあり、メンバーが普段読んでいるオススメの本について、その面白さをPOPで伝えるというもの。読書嫌いのバナナマン・日村勇紀を納得させるため、各メンバーが真剣にプレゼンを繰り広げた。

 冒頭、読書家が多い乃木坂46メンバーのなかでも、特に本を読んでいるという橋本奈々未が「冊数で行くと何千冊。移動中にパッと読めるが好きで、三浦しをんさんとかを読んでいます」と語り、番組がスタートした。

 1番手の高山一実は、『少女』『告白』『贖罪』と、湊かなえの3冊を紹介。『告白』には「有名になるべくしてなった 湊かなえさんは知らないけど告白は知ってるのでは?」というPOPを付け、『少女』を「これが湊かなえ! 読み終えた直後の気持ちといったらもう…」と紹介し、バナナマン・設楽統から「経験者みたい!」と絶賛された。

 続いて、深川麻衣は、森見登美彦の『夜は短し歩けよ乙女』を作中の台詞を入れて「読まないと『お友達パンチ』」と紹介し、日村から「売れるPOP」と評された。2冊目には道端ジェシカ『ジェシカの言葉 心の奥のもっと奥』を切り絵を使ったPOPと「ジェシカさんが好きな格言を集めてる」というコメントで紹介した。

 3番手の秋元真夏は松澤萬紀著のビジネス書『100%好かれる1%の習慣』を「美人の次は愛嬌笑顔系女子が来る」というPOP付きで紹介。秋元は「乃木坂はかわいい子が多いから、少しでも残りたいと思って。8:2の黄金比は、8割聴いて2割返すというのを握手会で実践している」と意識の高さを表すと、続いては高島彩『聞く、笑う、ツナグ。』を、「自己啓発本が好きで。高島彩さんが世渡り上手だと思ったので、これは読まなきゃいけないと思って。(自分を)客観視するというのをこの本から学んだ」と紹介。設楽から「末恐ろしいなこの子は」と、勉強家な一面を褒められた。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版