>  >  > 剛力彩芽、新曲は“ラケットダンス”

剛力彩芽、新曲MVで“ラケットダンス”踊る 映像では難易度の高い振り付けにも挑戦

関連タグ
剛力彩芽
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140904-gouriki.jpg

 

 剛力彩芽が10月29日にリリースする3rdシングル『くやしいけど大事な人』から、表題曲のMVを公開した。

動画はこちら

 同曲のMVは、前作『あなたの100の嫌いなところ』の映像と同じく、ミュージカル好きの剛力が提案した“J-POPミュージカル風”に仕上げられており、テニスをテーマとした歌詞とダンスが特徴的だ。

 剛力は今回も映像内でHIPHOPダンスを披露するほか、本人の「新しいダンスジャンルにも挑戦したい!」という要望により、落ちサビ前の間奏では『Waack(ワック)』という1970年代のディスコミュージック全盛期に流行った難易度の高いダンスにも挑戦。剛力はこの振り付けに悪戦苦闘し、何度かNGを出しつつも、パワフルなダンスを見せている。

20140904-gouriki2.jpg

 

 撮影当日は雨がぱらつき、外のテニスコートでの撮影を一時は断念を検討するほどだったが、室内の撮影中にテルテルボーズを剛力彩芽が作ると雨がやみ、なんとか撮影に成功したという。さらに今回は、初めてテニスラケットを持ったダンスにも挑戦。スマッシュやフォアハンド、バックハンドなど、打ち方を表現しつつ、これまでと同じく覚えやすく真似しやすい振り付けに仕上がっている。

■リリース情報
『くやしいけど大事な人』
発売:10月29日(水)
価格:初回生産限定盤(CD+DVD)¥1,574+税
   通常盤(CDのみ)¥1,204+税

収録楽曲
[CD(2形態とも同内容)]
01. くやしいけど大事な人
02. Brand New Day
03. Bonus Track
04. くやしいけど大事な人-Instrumental-
[DVD]
1.Off Shot Movie
2.Let’s Dance!

「剛力彩芽、新曲MVで“ラケットダンス”踊る 映像では難易度の高い振り付けにも挑戦」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版