>  >  > 安倍なつみ、新作で林檎らの名曲をカバー

安倍なつみ、椎名林檎や今井美樹らの名曲カバー クラシカルな歌唱法で新境地目指す

関連タグ
安倍なつみ
JPOP
クラシック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140825-abe.jpg

 安倍なつみが、10月22日にミュージカルやライト・クラシックの名曲を歌い上げるアルバム『光へ -Classical & Crossover-』をリリースすると発表した。

 モーニング娘。を卒業後、ソロ活動として10周年を迎える安倍は、これまで数々のミュージカルや舞台に出演。活動の中で次第にクラシカルな歌唱法を習得し、それまでのポップス的な歌い方とは異なる世界を志向するようになったという。安倍は、昨年11月に行われた故・本田美奈子のメモリアル・コンサートに出演した際、ミュージカル曲を歌唱する姿がレコード会社のクラシック部門のプロデューサーの目に留まり、今回のアルバムの制作へと至ったそうだ。

20140825-abe2.jpg

 同作には、ミュージカル『レ・ミゼラブル』の名曲「夢やぶれて」や「オン・マイ・オウン」、NHK連続テレビ小説『カーネーション』(NHK)のメインテーマである、椎名林檎の「カーネーション」や、イギリスの民謡「グリーンスリーヴス」、今井美樹の「白のワルツ」などが収録され、安倍はこれらをクラシカルな歌唱法で歌い上げている。

 YouTubeには、同作の制作ドキュメント映像がアップされており、映像内では安倍がこのアルバムに込めた思いを語るシーンや、彼女が歌唱する場面も収録されている。

「光へ-Classical & Crossover-」制作ドキュメント映像

安倍なつみからのコメント

ミュージカルや舞台の経験を通じて、生のオーケストラに合わせて歌うことの難しさや面白さ、その凄みや魅力を体感してきました。

音楽に言葉や感情を乗せて表現する上で大切なことを、それらの経験の中で改めて学ばせていただくのと同時に、アンサンブルで創り上げる世界が更に好きになりました。

モーニング娘。を卒業し、ソロ活動を開始して10年が経ち、新しい挑戦をしたいと思っていたところ、今回のオファーをいただきました。

はじめは驚きと感動で大変でした。いまだに夢の様な状況に震える瞬間もあります。

でもこのチャンスを無駄にはせず、今の私だからこそできる表現を追求しながら、全身全霊で臨ませていただきます!
新しいスタッフ、素晴らしい演奏家の皆さんと創り上げた新たな「安倍なつみ」の世界をお楽しみ下さい。

安倍なつみ

20140825-abe3.jpg

安倍なつみ『光へ -Classical & Crossover-』(日本コロムビア)

■リリース情報
『光へ -Classical & Crossover-』
発売:2014年10月22日(水)
価格:初回限定盤(CD+DVD)¥3,500+税
   通常盤(CDのみ)¥2,800+税

<収録内容>

M1.Stand Alone~NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」より(小山薰堂・作詞/久石譲・作曲)
M2.ローズ(吉元由美・訳詞/アマンダ・マクブルーム・作曲)
M3.夢やぶれて~ミュージカル「レ・ミゼラブル」より(岩谷時子・訳詞/クロード・シェーンベルク・作曲)
M4.カーネーション~NHK連続テレビ小説「カーネーション」より(椎名林檎・作詞作曲)
M5.サリー・ガーデン~風と少女~(Asu・作詞/アイルランド民謡)
M6.グリーンスリーヴス~永遠~(吉元由美・作詞/イングランド民謡)
M7.私だけに~ミュージカル「エリザベート」より(小池修一郎・訳詞/シルヴェスター・リーヴァイ・作曲)
M8.オン・マイ・オウン ~ミュージカル「レ・ミゼラブル」より(岩谷時子・訳詞/クロード・シェーンベルク・作曲)
M9.この祈り~ザ・プレイヤー~with 望月哲也(吉元由美・訳詞/デヴィッド・フォスター・作曲)
M10.夢はひそかに~映画「シンデレラ」より(漣 健児・訳詞/マック・デイヴィッド&アル・ホフマン・作曲)
M11.光へ(吉元由美・作詞/村松崇継・作曲)※オリジナル新曲

【BONUS TRACK for CHRISTMAS】
M12.白のワルツ(布袋寅泰・作詞作曲)

■関連リンク
安倍なつみオフィシャルサイト
安倍なつみ ブログ
「光へ -Classical & Crossover-」特設サイト

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版