>  >  > ニコ動で人気の太郎、顔出しEDMで復活

「男女 男男女 男女っ!」の太郎が、顔出し解禁EDMで華麗に復活!?

関連タグ
EDM
JPOP
ニコニコ動画
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「先生、男子がガイドさんの言うことを聞きません! 〜 男女 男男女 男女っ!」のフレーズで知られる太郎のヒット曲「男女」を覚えているだろうか? 2006年10月に、ドワンゴで着うたが先行配信されてから今年で7年が経過した。

 太郎が「男女」を世に出した後、2006年12月12日にはニコニコ動画の誕生もあり、その後、複数の「男女」のN次創作ヒット作品が増殖したことにあらためて注目したい。

 そう、初音ミクの誕生が2007年8月31日だったことを考えると、映像のN次創作はもちろん、歌ってみた、踊ってみた文化の走りであったかもしれないのだ。当時、小学生から大学生、会社員の間でも休み時間や、カラオケ、呑み会などで「男女」が自然発生的に流行していたのは、動画共有サイトがヒットの発生装置になる可能性をいち早く示した歴史的作品といえるのではないだろうか?

 「男女」の評判は海外にも響き渡り、イギリスの女の子、ベッキー・クルーエルが、YouTube上で「男女」の踊ってみた動画を投稿したことが大反響となり、日本でメジャー・デビューしたことも忘れられない。

 そんな太郎が、7月9日(水)に新作アルバム『二郎』をアートレーベル【WOOKY ARTS】よりリリースする。フォーク×テクノポップなラブソングを中心にレコーディングされた新作アルバムだが、注目すべきは本作のボーナストラックで新録された「男女(2014 y0c1e remix)」の劇的なインパクトだろう。

 7月スタートの話題のテレビアニメ『人生』オープニング曲を手がける気鋭のトラックメーカー、y0c1eによるリプロダクションで大復活を遂げた楽曲は、同時代性なダブステップ×EDMアレンジを取り入れ進化を感じさせつつ、"中毒性の高い"ポップなメロディーと歌詞のインパクトは健在だ。

太郎「男女(2014 y0c1e remix)プロジェクションマッピング ver.」

 なお、本作の映像は、19歳の鬼才映像クリエイターユニット「カチマケ」によって、プロジェクションマッピングを活用して撮影されている。

 本名×生年月日×出身地×血液型×身長×体重=不明という、X JAPANのYOSHIKIにも通じる謎プロフィールを持つ「生きるレジェント」太郎は、次のようなメッセージを寄せた。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版