>  >  > hide、エンターテイナーとしての功績

hide、旅立ちから16年……先進的エンターテイナーとしての功績を振り返る

関連タグ
hide
YOSHIKI
X JAPAN
Cocco
JPOP
ロック
冬将軍
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京ドームに立つ、赤髪のギターヒーローの奏でるギターにファンは酔いしれる。そして数ヶ月後にはバンドを従え、ギターを持たずにハンドマイクでステージを駆け回りオーディエンスを熱狂させる。絶大な人気を誇るモンスターバンドのギタリストでありながらフロントマンとしての顔も持つ、そんなアーティストは世界中探してもhideしか思いつかない。

 一体、hideとは何者だったのか?

 完璧すぎるカリスマ・YOSHIKIと堅実なギタリスト・PATAに挟まれた、常軌を逸したギタリスト。その鬼才ぶりは奇抜なビジュアルをはじめ、X JAPANライブのソロコーナー『HIDEの部屋』における狂気に満ちたパフォーマンスなどにも見られた。そして1993年のソロ活動開始以降、それはさらに加速していく。ギタリスト/ミュージシャンの枠に収まりきらないほどの独創性を多方面で発揮していくことになる。

 hideが旅立ってから16年目となる本日5月2日、改めて彼の類い稀なるアーティスト性に思いを馳せるとともに、先見性やエンターティナーとしての功績に目を向けてみたい。

元不良品を集めた「おもちゃ箱・LEMONed」

 hideを知る上で重要な存在であるのが、スラングである「LEMON(不良品)」に「ed(過去形)」を付け、「元不良品」という意味を持つ「LEMONed(レモネード)」である。最初聴いたときに海外のバンドだと思ったというZEPPET STOREとの出会いをきっかけに1996年に立ち上げたレーベルだ。ただ、本人はレーベルという言葉は用いていない。音楽のみならず、アート、グラフィック、ファッション……「良い」と思ったモノや人を集めた“おもちゃ箱”と言っている。「コワいい(コワくてかわいい)」をコンセプトにブランドショップとして1996年、表参道にLEMONed SHOPをオープン。1Fは洋服や雑貨の販売、2Fはヘアーカットショップになっており、ロックから発生するファッション全般を発信するという、美容師免許を持っていたhideらしい発想の店だ。「“hideプロデュース”とつくとカッコ悪いから」と自分が上に立つのではなく、あくまで「LEMONedの中にhideがいる」というスタンスを貫いていた。

時代を見越しすぎた先見性

 1996年9月8日<LEMONed presents hide Indian Summer Special>を千葉マリンスタジアム(現・QVCマリンフィールド)で開催する。LEMONed所属アーティストのライブを中心にファッションショーやXスポーツなどを盛り込んだ、斬新な異種混合イベントである。海辺の野外球場という立地条件を活かし、浜辺での演奏などを交えた。フジロックが始まる前年、音楽フェスがまだ日本に浸透していなかった時代であり、サマーソニックがこの場所で開催される5年前のことだ。そして翌97年には都内4ヵ所でのオールナイト・クラブ・イベント<MIX LEMONed JELLY>に発展、各会場をインターネットで繋ぐという当時としてはあまりに早すぎる試みも行なっている。アーティストとしてはいち早く自らホームページを作り、ブログやBBSを運営していた。主にLAで制作活動をしていたhideは東京とのスタッフのやり取りにFAXや電話ではなく、メールでのやり取りを積極的に用いていたという。

 洋邦メジャー/インディーズ問わず幅広いアンテナを張り巡らせているhideは、ファンにとってロックの教科書的存在でもあった。日本ではまだ馴染みの薄かったナイン・インチ・ネイルズやジェーンズ・アディクションなどの洋楽をはじめ、無名だったCocco、THE MAD CAPSLE MARKETS、COALTAR OF THE DEEEPERS……熱心に自分の好きな音楽を語るhideを通して様々なアーティストに出会った人も多いことだろう。まだ知られていない海外アーティストを紹介する『WooFer!!』というコンピレーションアルバムも制作している。

 そして「オバQみたいなメイクしてるヤツ」という紹介に親しい間柄を感じるマリリン・マンソンとは、「“バカ・マンソン”なんですけど、あの日本で9月に一緒にライブやることになっちゃったんで(1998年談)」と、ともにライブを行う計画もあった。実現することは出来なかったが、1999年にサマーソニックの前身でもあるフェス『BEAUTIFUL MONSTERS TOUR』ではhideの盟友とも言えるBUCK-TICKが出演。両者の意志を汲み、その共演を楽しみにしていたファンに向け、hideのカバー『DOUBT '99』を捧げている。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版