>  >  > セクゾン菊池風磨が慕われる理由

Sexy Zone・菊池風磨はなぜヤンチャなのに慕われる?「素のままのアイドル」の音楽的魅力

関連タグ
アイドル
ジャニーズ
ジャニ子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140406-fumatan.jpg

ヤンチャな性格で知られる菊池風磨。

 セカンドアルバム『Sexy Second』をリリースし、現在ツアー中のSexy Zone。すでに名古屋、大阪の公演を終えて、コンサートに参加したファンたちの間では「成長した彼らの本気が伝わってきた」という好評な声があがっている。

 コンサートでは、デビュー当時にモチーフとなっていたバラ=Sexy roseのモチーフに縛られることなく、スポーツカーをセットに取り入れ、勢いに乗るグループの疾走感を表現。メンバーのダンスレベルも飛躍的にアップしており、バックには舞台経験の抱負なJr.たちがつくなど、見応えのあるショーになっている。

 また、生バンドを導入したことにより、音楽的な迫力も増した。そこに映えるのが、菊池風磨のパフォーマンスだ。これまで、キラキラな王子様というイメージの強かったSexy Zoneにおいて、彼の存在は少し浮いていた。どちらかというとクールでヤンチャな彼のキャラと、グループの個性がぶつかっている印象さえあり、ファンの中にはハラハラとしていた人も少なく無いだろう。

 だが、この3月に19歳になった菊池は、最近様子が変わってきた。メディアに出るときもグループ内でも率先してハジけたり、メンバーとからんだりと、自分の立ち位置を理解して動いている。ある意味で、吹っ切れたという印象だ。

 歌に関しても、曲に応じて歌い方を意識的に変えたり、マイクの持ち方を工夫するなど、聞かせ方&魅せ方に研究熱心だ。これまで「テイストが赤西仁に似ている」と何度もささやかれてきたが、本人にとっては彼だけをコピーしているわけではないだろう。多くのミュージシャン、アーティストから吸収し、試行錯誤しているはずだ。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版