音楽ライバーたちのルーツや強みとは? HIMI&ほのかるび&あやみ&りこまおインタビュー

音楽ライバー4名のルーツに迫る

 ライブコミュニケーションアプリ「Pococha(ポコチャ)」で行われたイベント「あなたの音楽を発信しよう♪RealSound Techインタビュー出演権!」。今回は出演権利を獲得したライバー「HIMI」「ほのかるび」「あやみ」「りこまお」のテキストインタビューをお送りする。

 4人には、音楽ライバーとして活動するうえでのルーツやバックグラウンド、ライバーとしての強み、今後の目標について、それぞれ回答してもらった。

「HIMI」

HIMI
HIMI

ーー「Pococha」を始める以前の音楽活動について教えてください。

HIMI:10代でアマチュアのバンド活動から始まり、シンガーを目指してオーディションを受け、20歳で上京してゴスペルクワイヤーの一員として6年間活動していました。具体的には、遊園地でのショー、ゴスペルフェスティバル、クリスマスのイベント等で歌っていました。

ーー「Pococha」でライブ配信をやろうと思ったきっかけは?

HIMI:家族の看護をするため、歌をあきらめ、看護師になったのですが、配信を始める前の年に家族を失い、落ち込んでいました。見かねた友人がライブ配信を始めないかと何度か声をかけてくれたのですが、断っていました。しかし、コロナ渦で自宅と職場の往復の毎日だったこともあり、粘り強く誘われて試しに配信したのがきっかけです。

ーー音楽ライバーとして配信をする上で、自分の強みだと思っていることは何ですか?

HIMI:毎回の配信がライブのステージだと思ってパフォーマンスしています。歌のクオリティや迫力はもちろん、トークやアイテムリアクションでリスナーさんと一緒に盛り上がり、笑いが起こることも多いです。ライブ配信は生のエンターテイメントだからこそ、リスナーさんと一緒に楽しむことが大事だと考えています。

ーーライブ配信をやっていて、一番嬉しかったことは?

HIMI:配信1周年の記念にオリジナル楽曲提供イベントに出ました。みんなで力を合わせて入賞させてもらい、先日、配信で楽曲を披露しました。画面の向こうで嬉し涙を流してくださったリスナーさんもいて、すごく温かい気持ちになりました。こうした気持ちのやりとりができる大好きなリスナーさん達に出逢えたことが一番嬉しいです。

ーー今後の音楽活動における目標とは。

HIMI:Pocochaではより多くの方に、歌やトークを通じ、感動や笑いで元気を与え、時には一緒に涙し、生きていることを感じてもらえる配信をしていきたいです。また、今後は配信の世界から飛び出し、リアルなライブ活動もしていきたいです。

ーー記事を見ている方に伝えたい、自身の音楽活動があれば教えてください。

HIMI:自身初のオリジナルソング『私に今できること』が12月22日より、音楽ストリーミングサービスにて配信発売されています。元気がほしいときや落ち込みそうな時に、そっと寄り添ってくれる曲です。ぜひ一度聴いてみてください。

■HIMI関連リンク
Pococha:https://www.pococha.com/ja-jp/app/users/e57586d5-0f52-415c-bce8-3f03fddbb972
楽曲情報サイト:https://pocorecords.com/3e2fb166633d45b1a7b303473d9d75de

「ほのかるび」

ほのかるび
ほのかるび

ーー「Pococha」を始める以前の音楽活動について教えてください。

ほのかるび:小学5年生から音楽を始め、バンドのベース楽器×ボーカルとして活動していました。他県へのツアーや、フェスなども経験し、SONY MUSICの育成や「YAMAHA MUSIC Revolution10th」でのグランプリ、V3新人オーディションの審査員特別賞などにも選ばれました。その後はバンド活動から独立し、シンガーソングライターとして東京に上京したあと、月8本のライブハウス活動や路上ライブなどをしてきました。

ーー「Pococha」でライブ配信をやろうと思ったきっかけは?

ほのかるび:私は「若年性リウマチ」という難病を患っています。そんななか、2020年から社会はコロナ禍へと突入しました。免疫力を下げる薬を飲んでいることもあり、自分の身を守りながら音楽を続けていくためにはどうすればいいのか悩んでいたところ、友達が配信者として活動をしているのを見て「コレだ!」と思いました。ライブ配信を通して自分の音楽、オリジナル曲を知ってもらいたいと考え、Pocochaを始めたんです。

ーー音楽ライバーとして配信をする上で、自分の強みだと思っていることは何ですか?

ほのかるび:私の強みは、自身のオリジナル曲があるシンガーソングライターだということです!個性の声、世界観、唯一無二の音楽がある!「オリジナル曲をいいと思っているから広めたい!人気にしてあげたい!」と思って繋がってくれてるリスナーさんもいて、音楽ライバーをしてなかったらこの出会いはなかったので、やっててよかったなとつくづく思います! また、Pocochaには音楽のイベントに挑戦できるチャンスもあって、ライバーをしてなかったらこんなチャンスはなかったなと思えています。

ーーライブ配信をやっていて、一番嬉しかったことは?

ほのかるび:いままでの【ほのかるび】という存在を少しでも多くの人に知ってもらえたことです!ライブ配信は、日本だけでなく、世界までも繋がってます!わたし一人でライブハウスでの活動をしていても、月に8本くらいのライブで限られた方としか出会わなかったのが、配信をしていると、毎日新しい人と出会えて、毎日応援してくれる方とも繋がれるんです。その出会いから、一人ひとりとの繋がりが深くなったなと思い、いまでは一生の宝物です!

ーー今後の音楽活動における目標とは。

ほのかるび:今後は、アルバムを収録して、ワンマンライブを企画することを目標としてます!実際にレコーディングも進んでおり、ラジオ告知などができるきっかけをいただき、着々と目標に近づいているので、まずはワンマンライブを成功させるのが目標です。

ーー記事を見ている方に伝えたい、自身の音楽活動があれば教えてください。

ほのかるび:POCORECORDSから1月26日に配信シングル『輝ける日まで』をリリースします。1月からはアルバム制作、3月にはワンマンライブを企画中です!また、私は「配信によってやりたいことを仕事にする」という目標を叶えることができました。音楽活動は、「好き」や「性格」、そして「個性」をお仕事にできる素晴らしい舞台だと思ってます。この経験、お仕事を沢山の人に知って欲しいと思い、自分でやりたかったもう一つの夢である配信事務所を立ち上げました!それがライブ配信プロダクション『QRAFT(クラフト)』です。いま音楽をしているメンバーも、そうでないメンバーも一緒に配信を楽しんでます!そのメンバーと、主催のライブハウスでのパフォーマンスに繋がるのが一つの目標でもあり、企画できるよう準備を進めております。

 ライブ活動についてはInstagram、Twitter、YouTubeで告知しているので、ぜひフォローをお願いします。

■ほのかるび関連リンク
Pococha:https://www.pococha.com/app/users/3da4eff3-14c0-4afd-967f-471bc7737c11
Instagram:https://www.instagram.com/honokarubi/?hl=ja
Twitter:https://mobile.twitter.com/honokarubi_wani
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCpTTxEfv8yKQHD3zDETtegQ
TikTok:https://www.tiktok.com/@honokarubi

「あやみ」

あやみ
あやみ

ーー「Pococha」を始める以前の音楽活動について教えてください。

あやみ:もともと幼い頃からYAMAHAのメソッドでピアノを学んでおり、自分で作詞作曲して、弾き語りをするようになりました。そして、学生時代に参加した中国・北京のテレビ番組の企画で、大きなステージで歌ったことをきっかけに、帰国後から「チャイナフェスティバル」などのイベントで演奏、比較的最近になって“Limeism”名義でオリジナル曲の活動を始めました。

ーー「Pococha」でライブ配信をやろうと思ったきっかけは?

あやみ:コロナ禍で活動を続けていくために、インターネット経由で今いるライバー事務所のViibarに所属して、1年以上になります。2020年6月にスタートして以来、ほぼ毎日配信しています。だんだんリスナーさんが増え、通販でCD「音幻燈」を手に取ってくれたり、ライブに足を運んでくれたりもして、リアルでも音楽を伝えられるようになりました。

ーー音楽ライバーとして配信をする上で、自分の強みだと思っていることは何ですか?

あやみ:耳コピと創作です。一度聞けば知らない曲でも再現できるので、初めて聞いた人でも興味を持ってくれやすいです。それから、仲良くなったリスナーさんとは、一緒に曲を作ったり、より深く関わらせて頂けています。例えばリスナーさんが書いた歌詞で『ピアノが誘う物語〜よき一日〜』、アプリ内イベント入賞の感謝で『白詰草の手紙』という曲ができました。

ーーライブ配信をやっていて、一番嬉しかったことは?

あやみ:色んな分野に熱い方々が集ってくれていることです。私のボイトレの先生もPocochaを始めていて、音楽好きのリスナーさんが、発声を習いに行ったりもしています!あと、私は兄弟の影響でオタクなのですが、ガンダム、マクロス、ウルトラマンなどのカラオケ歌唱で一緒に盛り上がってくれる方や、中国に関わる仕事の話をして意気投合する方もいて、色んな人が繋がる場にもなっています。

ーー今後の音楽活動における目標とは。

あやみ:より多くの曲を発表して、オンオフ両方で広めていきたいです。2021年は、リスナーさんと事務所の方、以前からのファンの方や関係者の協力によって、新曲『MottoMotto 一起来!!』が完成しました。振り付きで、キッズダンス教室ともコラボしたMVを制作中です。

 うちの配信枠での合言葉「世界に羽ばたくその日まで!」が本当になったら嬉しいです。

ーー記事を見ている方に伝えたい、自身の音楽活動があれば教えてください。

あやみ:YouTubeで『くじらざめ』のMV、各種サブスクリプションで「四月の魔法」が視聴いただけます。自主盤CD『音幻燈』は通販かライブ会場で入手可能です。

新曲『MottoMotto 一起来!!』のダンス動画・MV・サブスクリプションも今冬にリリース予定、地方でのライブも計画中なので、SNSをフォローしていただけると嬉しいです。Pocochaでお会いしたら、「リアルサウンドテック見たよ」って教えてくださいね。

■あやみ関連リンク

Pococha:https://www.pococha.com/ja-jp/app/users/56a098ab-b996-4c7d-9a82-23c1c763f04f
公式サイト:https://ayamiterashima.wixsite.com/limeism
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC247qABbwNnuW-mPTzIFnCQ
Twitter:https://twitter.com/limeism_
オンラインショップ:https://limeism.official.ec/

「りこまお」

りこまお
りこまお

ーー「Pococha」を始める以前の音楽活動について教えてください。

りこまお:小さいころから音楽が大好きで3歳からピアノを始めました。トランペットは10歳から始め、大学生までジャズバンドに所属しておりました。その後結婚や出産でしばらく休んでおりましたが、「Pococha」をきっかけにまたトランペットを再開し、毎日楽しく演奏しています。

ーー「Pococha」でライブ配信をやろうと思ったきっかけは?

りこまお:主人が先にライバーを始め、私も真似して始めてみたのがきっかけです。当時下の子がまだ1歳で、普段の生活にプラス配信をする主人に対して反対しておりました。しかし、主人の気持ちを少しでも理解してみようと配信をスタート始めてみたところ、楽しくて夢中になり、それから2年間ライバーとして配信しております。

ーー音楽ライバーとして配信をする上で、自分の強みだと思っていることは何ですか?

りこまお:トランペットを演奏することも好きですが、リスナーさんとコミュニケーションをとりながらお喋りすることも大好きなので、時間帯によって音楽枠と雑談枠に分けています。上手に演奏することは大切ですが、それよりも私自身を知ってもらって好きになってもらいたいという思いで配信してます。

ーーライブ配信をやっていて、一番嬉しかったことは?

りこまお:イベントで入賞した時は最高に嬉しいです。これまで何度かイベントで入賞させていただきましたが、どれも色々な素敵な思い出があります。上手くいくことばかりではありませんし、悩むことも多々ありますが、リスナーさんと一緒に目標に向かって突き進み、達成できたときは最高です!

ーー今後の音楽活動における目標とは。

りこまお:Pocochaで上のランク帯を目指し、より多くの方に私を知ってもらい、ライブに足を運んでくれる方を増やしたいです。

 配信で楽しんでもらうことはもちろんですが、いきいきしている生の私を見てもらって直接元気と笑顔をお届けしたいです。この活動を通して、私自身にものすごく変化があり、日常生活に笑顔が増えました。

ーー記事を見ている方に伝えたい、自身の音楽活動があれば教えてください。

りこまお:Pocochaで繋がった方のライブイベントに何度か出させてもらってます。詳細はTwitterにて告知しておりますので、見ていただけたらうれしいです。

 ■りこまお関連リンク
Pococha:https://www.pococha.com/ja-jp/app/users/51a5bf5b-0372-479e-a0af-8c8cfec5d37b
Twitter:https://twitter.com/rikomao1031

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる