岩城滉一、ポルシェ「GT-3」でドリフトを披露 “趣味に定年なし”を背中で示すさま

 俳優の岩城滉一が、自身のYouTubeチャンネル「#51TV」に公開した動画にて、ポルシェでドリフト走行する様子を披露した。

【神映像】岩城滉一が300km/h出るヤバいポルシェでドリフトしてみた

 「【神映像】岩城滉一が300km/h出るヤバいポルシェでドリフトしてみた」と題して公開された動画で岩城が訪れたのは、静岡県のサーキット場「富士スピードウェイ」。ここで、友人のレーシングドライバー・藤井誠暢氏の計らいにより、コースを貸し切りで走れることになった。藤井氏が「ドリフトをしていただこうかと」と提案すると、岩城は「ドリフトは……初めてだね。我々の時代、ドリフトってなかったからね」と苦笑いしつつも、「面白そうだね」と興味津々の様子だ。

 用意された車は、ポルシェ「GT-3」。最高速度300km/hを超えるスポーツカーだ。藤井氏によると、リアエンジンのためドリフトには不向きであるものの、「岩城さんにはあえて難しい車で今日はやっていただこうかと」とのこと。岩城は「良い車だからぶつけないように」と気を引き締めながらも、「こんな高級車借りちゃってどうすんの。乗って帰っちゃいますか!(笑)」と冗談を飛ばしていた。

 藤井氏によるデモンストレーションを助手席で体感した後、いよいよ岩城が挑戦する番に。「ドリフトが初めて」という岩城だが、そこは様々な車を乗りこなす芸能界屈指のカーマニア。初めて乗車するポルシェ「GT-3」で、藤井氏のアドバイスを実践していくうちにドリフトのコツを掴んでいた。その後は、ポルシェ「GT-3」でコースを走行。けたたましいエンジン音を響かせながら軽快に飛ばした。一通り走りを堪能し、運転席から出てくると、開口一番「速過ぎるよ! 速過ぎる!(笑)」と文句を言いながらも、「ポルシェやっぱりすごいね」「なんかもう乗り倒しちゃってるな今日」と満足げな表情を浮かべた。

 今回の岩城の走りを見て「もっともっと行けると思う」と可能性を感じた藤井氏は「来年やりましょう」と新たなレースへの参戦を打診。来年71歳を迎える岩城は、「このYouTube観てる、おじさん? おじいちゃん? まだまだ先あるよ」とニヤリと笑った。

 ヒロミや所ジョージと並ぶ芸能界屈指の“趣味の達人”であり、いくつになってもバイタリティーを失わず、自分の好きなことに没頭する岩城。趣味に定年はないこと、そして「まだまだ先がある」と老齢に達してからの人生の楽しみ方を背中で示してくれるからこそ、多くの人を惹きつけるのではないだろうか。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる