乃木坂46 齋藤飛鳥、VRの進化と賀喜遥香の意外な一面を発見する

乃木坂46がXperia ViewでVRを体験

 乃木坂46の齋藤飛鳥、梅澤美波、遠藤さくら、賀喜遥香が、11月16日に東京都内で開かれた『Xperia View×乃木坂46 VRコンテンツ発表会』に登壇した。

 Xperia Viewとは、世界で初めて8K HDR映像を対角120度の広視野角でVR視聴できる、Xperia専用スマートフォン差し込み型ビジュアルヘッドセット。Xperia Viewを購入すると特典映像として、乃木坂46のオリジナルVRコンテンツ「『いつか混ざりたいものです』教室編」が無料で視聴可能。今後も教室編に続き、ステージ編映像など、順次公開予定だ。

 VRコンテンツオリジナル制服で登場した4人。コンテンツ撮影の感想を聞かれた齋藤は「VR自体は体験したことはあったんですけど、こんなに進化しているんだって新発見でした」とコメントしながら、「個人的にはこの撮影の日にもう一個新発見だったのが、賀喜ちゃんが変な子なんだなって気づきました」と会見冒頭から暴露。「すごいすっとぼけてちょっと抜けてたり、なんか意味分かんない発言を連発してたので、ちょっとテンションが高かったのか分かんないですけど、こういう子なんだというのはこの日初めて知りました」と明かした。

 Xperia Viewは8K HDRという鮮明な映像美によって、現実の世界へ没入するような感覚を体験できる。賀喜は「実際にこんなに近くでメンバーと喋ったら緊張しちゃうけど、VRだとじっくり観られる」とファン目線で機器を紹介した。

 「いつか混ざりたいものです」をテーマにオリジナルVR作品の企画を提案するコーナーでは、梅澤がフリップに「鍋」と記載。「メンバーとこたつに入りながら鍋をほっこり食べられたら絶対に幸せだろうなって。リアルだと叶わない絶対に味わえない空間ですし、かっきーとかさくちゃんの可愛い素の部分が見てもらえるんじゃないかなと思って」と発表すると、名前の挙がらなかった齋藤が「梅のはちょっとないな」とご立腹。焦った梅澤は「もう伝わってるかなと思って」と弁解しながらも2人には笑みが浮かんでいた。

 ほかにも、遠藤はリスペクトする齋藤を近くで観たいという思いで「乃木坂のダンスをより近くで見れるVR」、賀喜はメンバー各々がずっと話している明るい雰囲気が好きということから「乃木坂の楽屋を楽しめるVR」、齋藤は水泳が得意なメンバーから泳ぎ方を教えてほしいという理由から「水中乃木坂」を提案した。

 会見の途中には齋藤と梅澤がヘッドセットを装着し、VRコンテンツを体験。「賀喜が絵を見せてくる」(齋藤)、「恥ずかしい……肌の感じが」(梅澤)と興奮気味にレポートをする。事前体験をした賀喜はヘッドセットを着けながら「知らない間に大移動していた」とVRあるあるを明かしていたが、齋藤も遠藤側のアクリルに手を触れるくらいにコンテンツの世界に没入。齋藤は「『ここでしか観られない』って言葉をよく聞きますけど、本当にこれはXperia Viewでしか体験できないことがたくさんあります。もしかしたら、企画したようなことができるのかなと思ったら私たちも楽しみです」と今後のコンテンツの展開に期待を寄せた。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる