吉永アユリが史上初、二度目の『ドラ恋』に挑戦したワケ 「前回と違う自分が見られるかも」

吉永アユリが史上初、二度目の『ドラ恋』に挑戦したワケ

 ABEMAの『恋愛ドラマな恋がしたい』のシーズン8『恋愛ドラマな恋が したい~Kissing the tears away~』(以下、『ドラ恋』)が、10月31日22時より放送開始となる。

 『ドラ恋』は“恋愛ドラマの共演をきっかけに恋は生まれるのか?”をテーマに、若手俳優が毎話キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、その恋愛模様も追いかける恋愛番組。シリーズ8作目となる今回は、前シーズン同様、ドラマパートのストーリーを公募して、鈴木おさむ氏が脚本化。“涙のキス”をテーマにした、共感性が高く視聴者が観たいシチュエーションドラマに仕上がっている。さらに俳優たちに課される「ミッション」がパワーアップし、2人きりで一夜を過ごせる「同棲ハウス」内で俳優たちの距離を近づけ、これまで以上に恋が加速しそうだ。

 リアルサウンドテックでは、シーズン8出演全メンバーにインタビュー。今回は元ウルトラマンヒロインで、シーズン7出演のリベンジメンバー・吉永アユリに意気込みや恋愛観について語ってもらった。

【記事の最後にサイン入りチェキのプレゼントあり】

【撮り下ろし写真】吉永アユリ(全10枚)

――『ドラ恋』史上初の2シーズン連続出演になるかと思いますが、なぜ二度目の出演を決められたのでしょう?

吉永アユリ(以下、吉永):前シーズンでは、ドラマの主演を1回しか獲れなかったこともありますし、恋愛はブーストがかかるのに時間がかかってしまった分、後半にせかせかガツガツしてしまった反省と後悔があったので、二度目の出演を決めました。

――前回の出演時の経験を踏まえて、二度目はどんなところに気をつけたいですか?撮影に入る前に意識したいことなどあれば教えて下さい。

吉永:お芝居の面では演技歴が長かった分、一人芝居になりやすかったので、今回はもっと相手と沢山話して知って一緒に作り上げたいと思っています。それってお芝居だけじゃなく恋愛にもつながることだと思うので、相手と作り合った真剣なお芝居の先に恋愛があればいいなと思います。

――前シーズンへの出演で糧となったことはありましたか?

吉永: 澤田育子先生にたくさんお芝居で指摘を受けられる貴重な機会をいただけたのが何より良かったです。恋愛面では、「プリンの効力」や料理ができることって武器になるんだなって気づけたことと、相手が年上すぎるとよろしくないと学びました(笑)。

――今回の『ドラ恋』ではどんな恋愛がしたいですか?

吉永:前回は自分の中で「年上がいい」など枠を作りすぎていたので、それを外して全員の人柄をよく見て話してから決めたいです。恋愛面では直感に頼りすぎず、「絶対恋愛しなきゃ」と力みすぎず、「好きな人ができなかったらそれでもいいや」くらいに肩の荷を下ろして臨みたいです。

――『ドラ恋』出演を通して視聴者の皆さんにどんな姿を見て欲しいですか?

吉永:前シーズンではメンバー間でも視聴者の皆さんの間でも「姉さん」ってキャラクターが固定していましたが、今回、周りのメンバーや環境が変わるので「もしかすると前回とは全く違う吉永になるかもしれないよ」ってところを見てほしいです(笑)。前回同様、飾っていない素の自分が出ていると思いますが、とは言え反省点も生かしてステップアップしたいと思います!

『ABEMA』総力特集 5周年を迎えたサービスの“今”に迫る
『恋愛ドラマな恋がしたい』を見る



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる