朝ドラ出演女優・中村加弥乃が恋愛番組に挑む理由 「役ではなく“中村加弥乃”として見て欲しい」

中村加弥乃が恋愛番組に挑む理由

 ABEMAの『恋愛ドラマな恋がしたい』のシーズン8『恋愛ドラマな恋がしたい~Kissing the tears away~』(以下、『ドラ恋』)が、10月31日22時より放送開始となる。

 『ドラ恋』は“恋愛ドラマの共演をきっかけに恋は生まれるのか?”をテーマに、若手俳優が毎話キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、その恋愛模様も追いかける恋愛番組。シリーズ8作目となる今回は、前シーズン同様、ドラマパートのストーリーを公募して、鈴木おさむ氏が脚本化。“涙のキス”をテーマにした、共感性が高く視聴者が観たいシチュエーションドラマに仕上がっている。さらに俳優たちに課される「ミッション」がパワーアップし、2人きりで一夜を過ごせる「同棲ハウス」内で俳優たちの距離を近づけ、これまで以上に恋が加速しそうだ。

 リアルサウンドテックでは、シーズン8出演全メンバーにインタビュー。今回はNHK連続テレビ小説『エール』に出演経験もある女優・中村加弥乃に意気込みや恋愛観について語ってもらった。

【記事の最後にサイン入りチェキのプレゼントあり】

【撮り下ろし写真】中村加弥乃(全10枚)

――『ドラ恋』に挑戦しようと思ったきっかけを教えて下さい。

中村加弥乃(以下、中村):映画『傷だらけの悪魔』で共演した江野沢愛美ちゃんや藤田富くんが過去のシーズンに出演していて、2人が奮闘している姿が格好良くて“次は私が出なきゃ!”って使命感に駆られたのがきっかけです。人をびっくりさせるのが好きなので。

――そもそもお芝居に興味を持ったきっかけは何ですか?

中村:2歳でデビューしたので気付いたらもうミュージカルの舞台に立っていたんですが、自分の意志で続けたいと思うようになったのは小学校3年生でミュージカル『アニー』に出演した時です。

――『ドラ恋』出演にあたって率直な心境を教えてください。

中村:めちゃくちゃ不安でした。ドラマの主演を獲れるか、自分が人を好きになれるか、また好きになってもらえるかの不安で悪夢にうなされました。

 お芝居の面では、過去のシーズンで演技経験者の方が苦しまれている姿を観てきていたので、自分に重なりました。恋愛面では人を好きになるのに時間がかかるタイプなので短期間で人を好きになれるか、人から好きになってもらえるかどちらも自信がなくて不安です。

――キスシーンの経験はありますか?

中村:あります。そもそもファーストキスが中学3年生のキスシーンだったんです。女優さんとのキスシーンもあります。

ーー『ドラ恋』出演者の方々はまだキスシーンを演じたことがないという方が多いですが、中村さんは経験豊富ですね。『ドラ恋』ではどんなキスシーンを演じたいですか?

中村:観ている人に“好きな人と自分もキスしたいな”と思ってもらえるような素敵なキスシーンを撮りたいなと思っています。ずっとドラマや映画で自分が好きなキスシーンを何度も繰り返し観て予習というかイメトレをしていました。

――これまで出演された恋愛作品と『ドラ恋』でのお芝居はどんなところが違うと思いますか?

中村:これまでは相手がどんなに素敵でも自分の心の中でストップをかけてきたのですが、『ドラ恋』では澤田育子先生が「本気で恋して下さい」と仰っていて、それが新鮮で初めてで、自分でもどうなるか想像がつかないです。

――『ドラ恋』ではどんな恋愛がしたいですか?

中村: 穏やかで一緒にいると幸せな気持ちになれるような恋愛がしたいです。自分にも人にも嘘はつきたくないので、自分の気持ちに素直になりたいと思います。

――好きなタイプなどんな方ですか?

中村: 器が大きい人です。

――恋愛では自分から積極的にアプローチできるタイプですか?

中村:今まで受け身な恋愛をしてきたので、自分から人を好きになったり人生で告白もしたことがなく『ドラ恋』はいろんな意味で挑戦です。“変わりたい”と思って参加したので、積極的にアプローチできるように頑張りたいと思います。

――『ドラ恋』出演を通して視聴者の皆さんにどんな姿を見て欲しいですか?

中村:私のことを役名で覚えて下さっている方はいるかもしれませんが、ここ最近“中村加弥乃”の部分を出してこなかったので、剥き出しになったありのままの姿が観られると思います。よく「普段は幼く見えるけれどお芝居をすると一気に年齢不詳になる」「お芝居が本当に好きなのが伝わってくる」と言われることが多くて、お芝居と普段のギャップがあるみたいなので、そこも観ていただきたいです。恥ずかしい言動も多くなってしまうかもしれませんが、なりふり構わずに恋もお芝居も頑張りたいと思っています!

『ABEMA』総力特集 5周年を迎えたサービスの“今”に迫る
『恋愛ドラマな恋がしたい』を見る



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる