映画『午前0時、キスしに来てよ』にも出演 永岡拓真が挑戦する芝居と恋愛

永岡拓真が挑戦する芝居と恋愛

 ABEMAの『恋愛ドラマな恋がしたい』のシーズン8『恋愛ドラマな恋がしたい~Kissing the tears away~』(以下、『ドラ恋』)が、10月31日22時より放送開始となる。

 『ドラ恋』は“恋愛ドラマの共演をきっかけに恋は生まれるのか?”をテーマに、若手俳優が毎話キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、その恋愛模様も追いかける恋愛番組。シリーズ8作目となる今回は、前シーズン同様、ドラマパートのストーリーを公募して、鈴木おさむ氏が脚本化。“涙のキス”をテーマにした、共感性が高く視聴者が観たいシチュエーションドラマに仕上がっている。さらに俳優たちに課される「ミッション」がパワーアップし、2人きりで一夜を過ごせる「同棲ハウス」内で俳優たちの距離を近づけ、これまで以上に恋が加速しそうだ。

 リアルサウンドテックでは、シーズン8出演全メンバーにインタビュー。今回は映画『午前0時、キスしに来てよ』などにも出演歴のあるモデル・永岡拓真に意気込みや恋愛観について語ってもらった。

【記事の最後にサイン入りチェキのプレゼントあり】

【撮り下ろし写真】永岡拓真(全10枚)

――『ドラ恋』出演のきっかけを教えて下さい。

永岡拓真(以下、永岡):元々モデル業をメインでお仕事をしていたんですが、映画やドラマ、CMなどに少しだけ出させていただく機会があり、お芝居を本格的に始めてみたいという思いがありました。そんななか、前シーズンに出ていた友人から、「お芝居に全力で取り組めて楽しかった」という声を聞いており、役者として良いきっかけになればと思ってオーディションを受けました。

――『ドラ恋』出演にあたって率直な心境はいかがですか?

永岡:不安は全くなくて、楽しみな気持ちが大きいです。恋愛もお芝居も100%全力でやって、燃え尽きようと思っています。気持ちはとにかく燃えています。恋愛ドラマ自体も経験がなく、台本があって掛け合いがあるような役もやったことがないのでわからないことだらけですが、先生や他の役者さんから刺激を受けて吸収して成長したいです。

――恋愛面での楽しみはありますか。

永岡:慎重なタイプではあるので、恋愛できるかなという不安はあります。まずは女性メンバー全員と「向き合う」ことが大事だと思うので、恋愛面でもお芝居でもきちんと向き合っていきたいと思います。

――『ドラ恋』では必ずキスシーンがある作品に臨む訳ですが、今の心境はいかがですか?

永岡:楽しみです。「緊張するのかな〜」とか、「歯磨かなきゃとか思うのかなぁ〜」と考えたりしますが、絶対主役とってキスシーンをやるぞという気持ちです。

――『ドラ恋』ではどんな恋愛をしたいですか。

永岡:主演を獲ってキスシーンを演じていくなかで好きという感情が芽生えたり、元々気になっていた人とお芝居をすることで好きな気持ちが増幅したりと、お芝居を通して恋愛感情に変化が生まれればと思います。恋愛面だけでなくお芝居面でも人間的にも仲間としても気持ちが通じ合えたら最高ですね。

――好きな異性のタイプは?

長岡:愛情深い人が好きです。愛情表現が豊かでよく笑う人に惹かれます。目がなくなるくらいクシャッと笑う顔が素敵だと思います。

――恋愛では自分から積極的にアプローチできるタイプですか。

永岡:多分できないですね。ちょっかいを出すくらいはできても、グイグイは行けない気がします。ただ「自分らしく」が大事だと思っているので、誰かに取られそうになったから無理して頑張るというより、「自分らしく」いてその上で好きになってもらえるようにありのままの姿を見せていきたいと思っています。

――『ドラ恋』出演を通して視聴者の皆さんにどんな姿を見て欲しいですか?

永岡:視聴者のほとんどの方は僕のことを初めて知っていただける機会になると思うので、いち俳優として、いち人間として、いち男として頑張っている姿を目に焼き付けていただけると嬉しいです!

『ABEMA』総力特集 5周年を迎えたサービスの“今”に迫る
『恋愛ドラマな恋がしたい』を見る



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる