早稲田大学卒業後、俳優の道へ 島津見が『ドラ恋』に挑戦した理由

島津見が『ドラ恋』に挑戦した理由

 ABEMAの『恋愛ドラマな恋がしたい』のシーズン8『恋愛ドラマな恋がしたい~Kissing the tears away~』(以下、『ドラ恋』)が、10月31日22時より放送開始となる。

 『ドラ恋』は“恋愛ドラマの共演をきっかけに恋は生まれるのか?”をテーマに、若手俳優が毎話キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、その恋愛模様も追いかける恋愛番組。シリーズ8作目となる今回は、前シーズン同様、ドラマパートのストーリーを公募して、鈴木おさむ氏が脚本化。“涙のキス”をテーマにした、共感性が高く視聴者が観たいシチュエーションドラマに仕上がっている。さらに俳優たちに課される「ミッション」がパワーアップし、2人きりで一夜を過ごせる「同棲ハウス」内で俳優たちの距離を近づけ、これまで以上に恋が加速しそうだ。

 リアルサウンドテックでは、シーズン8出演全メンバーにインタビュー。今回は早稲田大学出身で、さらにABEMAの『恋する♡週末ホームステイ LAST CINDERELLA』に出演し、恋愛番組経験者の俳優・島津見に意気込みや恋愛観について語ってもらった。

【記事の最後にサイン入りチェキのプレゼントあり】

【撮り下ろし写真】島津見(全10枚)

――『ドラ恋』に出演しようと思った理由を教えて下さい。

島津見(以下、島津):大きな理由の一つは「お芝居ができること」です。自分は出演経験が浅く、カメラの前で演技するということもあまりなかったので良いチャンスだなと思いました。自分よりも演技歴が長い方が多いと思うので、その人たちの演技を近くで見て勉強させてもらいたいです。

――そもそもお芝居を始めたきっかけは何ですか?

島津: 元々高校時代に歌をやっていて、歌詞に感情を乗せて歌うことが好きで、それが派生して演技もしてみたいなと思ったのがきっかけです。自分の感情を表現することに面白味を感じます。

――『ドラ恋』出演にあたって率直な心境を教えてください。

島津: 漠然としたワクワク感があります。具体的にどうしたいということは今はまだないんですが特に不安もないです。年齢が近しい人たちとコミュニケーションを取りながら生活するのは純粋に楽しみです。

 恋愛はしばらくしていないのでできる気がしないのですが、同じ俳優という仕事を生業としていて共同生活のなかでキスシーンがある作品の稽古をするのは、今までよりも自分のなかで恋愛の扉が開きやすくなっている気がします。会ったことのない自分に出会えそうで楽しみです。

――初対面で気になるメンバーはいましたか?

島津: 川合ルイくんですね。明らかに不思議な子で、魅力的に映りました。

――『ドラ恋』では必ずキスシーンがある作品に臨む訳ですが、今の心境はいかがですか?

島津:キスシーンの経験はないのですが、正直ドキドキはしていなくて「ほんとにやるの?」という感じでまだあまり実感は湧いてないですね。できるだけ台本に合わせたキスシーンを引き出したいです。

――『ドラ恋』ではどんな恋愛をしたいですか?

島津:依存するのが苦手なので、ある程度しっかり自立している人同士での恋愛が理想です。人間的にしっかりしていて、それでいて女性としても魅力的な人に出会えたら良いなと思います。

――恋愛では自分から積極的にアプローチできるタイプですか。

島津:今までは自分のことに必死で恋愛に対しては一歩引いていたところがあったんですが、今回は特殊な環境に身を置くことになるので素敵な人に出会えたら積極的にアプローチしたいと思います。

――『ドラ恋』出演を通して視聴者の皆さんにどんな姿を見て欲しいですか?

島津: 演技をするなかで泥臭いところや格好悪いところも出てくると思うんですが、ガッカリされても良いので観てもらいたいです。あとは料理も作りたいなと思っているのでチェックしてみて下さい。

『ABEMA』総力特集 5周年を迎えたサービスの“今”に迫る
『恋愛ドラマな恋がしたい』を見る



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる