『ドラゴン桜』にも出演 大地伸永に聞く理想の恋愛

大地伸永に聞く理想の恋愛

 ABEMAの『恋愛ドラマな恋がしたい』のシーズン8『恋愛ドラマな恋がしたい~Kissing the tears away~』(以下、『ドラ恋』)が、10月31日22時より放送開始となる。

 『ドラ恋』は“恋愛ドラマの共演をきっかけに恋は生まれるのか?”をテーマに、若手俳優が毎話キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、その恋愛模様も追いかける恋愛番組。シリーズ8作目となる今回は、前シーズン同様、ドラマパートのストーリーを公募して、鈴木おさむ氏が脚本化。“涙のキス”をテーマにした、共感性が高く視聴者が観たいシチュエーションドラマに仕上がっている。さらに俳優たちに課される「ミッション」がパワーアップし、2人きりで一夜を過ごせる「同棲ハウス」内で俳優たちの距離を近づけ、これまで以上に恋が加速しそうだ。

 リアルサウンドテックでは、シーズン8出演全メンバーにインタビュー。今回は映画 『ブレイブ-群青戦記-』 や TBS日曜劇場 『ドラゴン桜』への出演歴もある俳優・大地伸永に意気込みや恋愛観について語ってもらった。

【記事の最後にサイン入りチェキのプレゼントあり】

【撮り下ろし写真】大地伸永(全10枚)

――『ドラ恋』に挑戦しようと思ったきっかけを教えて下さい。

大地伸永(以下、大地):これまでお芝居をしてきたなかで、恋愛ものに携わったことがなかったので未知の世界に惹かれました。また、恋愛も自分から相手にアピールするのが苦手で、知らないことだらけの世界に飛び込んだ時に自分がどう変化するか楽しみで、参加したいと思いました。

――そもそもお芝居を始めたきっかけは何ですか?

大地:小学生の頃からヒーローになりたくて、小学校6年生の頃に将来の夢を発表する機会があり、初めて人前で「俳優になりたい」と口に出して言うことができました。それまでは反対していた両親も、その宣言を見て応援してくれるようになり、そこから俳優を目指しました。

――『ドラ恋』出演にあたって率直な心境を教えてください。

大地:3割は楽しみな気持ちですが、あとの7割は緊張と不安です。恋愛面は、自分の感情をそのまま表に出すのが苦手で、弱音を吐けないところがあるので『ドラ恋』で一皮むけられたらと思います。お芝居では自分の違う一面を知りたいので、新たな役柄に挑戦して幅を広げられたらいいなと思っています。

――これまでキスシーンの経験はありますか?

大地:中学3年生の時に一度だけあります。ですが、当時すごく緊張していたのであまり記憶がないです。

――『ドラ恋』では必ずキスシーンがある作品に臨む訳ですが、今の心境は?

大地:相手と本気のキスシーンをして作品の世界観を表現できれば良いなと思っています。

――『ドラ恋』ではどんな恋愛がしたいですか?

大地:僕は三兄弟の長男で、今までは面倒を見る側だったんですが、今回は川合ルイくんと自分が最年少なので、初めて年上の女性と恋愛ができれば良いなと思います。

――好きなタイプなどんな方ですか?

大地:まず芯がしっかりあって、お互い自立していて補って高め合っていける人が良いなと思います。無理にお互い自分の時間を浸食し合わずマイペースに過ごせて、無言でも落ち着ける、一緒にいたいなと思える人に惹かれます。

――恋愛では自分から積極的にアプローチできるタイプですか?

大地:あまりいけないんですよね〜(笑)。気になる相手こそ友達になっちゃって後悔するタイプです。『ドラ恋』では積極的にアプローチしていきたいと思います。

――『ドラ恋』出演を通して視聴者の皆さんにどんな姿を見て欲しいですか?

大地: 一つのことにしか集中できない不器用な僕ですが、大好きなお芝居と恋愛に必死に我武者羅に足掻いている二十歳の姿を見ていただければと思います。

『ABEMA』総力特集 5周年を迎えたサービスの“今”に迫る
『恋愛ドラマな恋がしたい』を見る



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる