はじめしゃちょー、再びの“1億円掴み取りチャレンジ”で多額の出費 ヒカキンを追いかけCh登録者1000万人を狙う

 現金1億円をばら撒いた札束のプールにダイブし、いくら掴み取れるか……そんな夢の企画を、YouTuberのはじめしゃちょーが実行した。

【破産】いろんなYouTuber1億円掴み取り大会開いてみたwwwwww

 はじめしゃちょーは9月5日、自身の公式YouTubeチャンネルに「【破産】いろんなYouTuber1億円掴み取り大会開いてみたwwwwww」と題した動画を公開した。この企画は、はじめしゃちょーがワイヤーで吊るされた参加者を操作して、千円、五千円、一万円が入り混じった札束のプールにドロップし、掴みこんだ現金をそのままプレゼントするという、実に太っ腹な人間クレーンゲームだ。

ヒカルに1億円の掴み取りさせたら大変な事になってしまった。

 “1億円掴み取り企画”を行うのは、これが2回目。初めて敢行したのは、8月15日投稿の動画で、金持ちYouTuber”ヒカルへのバースデープレゼントとして実施した。以前ヒカルから自分の誕生日に、36万円するルイヴィトンのサイコロを贈られたはじめしゃちょー。そのお返しにとこの企画を考案したところ、ヒカルは5000万円以上の現金を素手で鷲掴み。想定を大幅に上回る多額の出費に、はじめしゃちょーが頭を抱えたのは言うまでもない。

 同じ轍を踏むまいとはじめしゃちょーは今回、現金を素手で掴み取るのではなく、配膳用のお盆で掬い取るスタイルにルール変更。さらに、企画に挑戦する有名YouTuberたちから20万円を徴収することも明かした。決して安くない参加費だけに、参加YouTuberからすれば、20万円以上の元を取ろうと必死にならざるを得ないというわけだ。ちなみに、企画で徴収した20万円はすべて、熱海市の土砂災害緊急支援金として募金されるという。

 ちなみに、事前にスタッフがシミュレーションしたところ、一掬いあたりの獲得金額は30万円前後だったとのこと。ヒカルの時のようなチート級の支出がないようゲームバランスを調整したはずだったが、最初に挑戦した水溜りボンド・カンタは、まさかの227万1000円をゲット。この結果にはじめしゃちょーは「欠陥ゲームですね…」と肩を落とした。

 続く、ピアノ動画で人気のYouTuberの鈴木ゆゆうたがチャレンジした際には、お金を掬って所定の場所まで戻る手前で、ワイヤーを上下させたり、左右にゆすったりとあの手この手。それでも69万6000円を搔っ攫われていた。なお本動画では、9月11日公開の動画で、妻子持ちで現在お小遣い制だというフィッシャーズのンダホ、中町兄妹、多額の借金を抱える元レペゼン地球で現Repezen FoxxのDJ社長が同企画に挑むことが告知されていた。

 先日、3億円の豪邸を購入したことで話題を呼んだはじめしゃちょーだが、チャンネル登録者数は9月8日時点で952万人。同じく、登録者1000万人に向けて邁進するヒカキンが先日、「ロレックス コスモグラフ デイトナ レインボー」を、1億1260万円で2本同時買いしたように、はじめしゃちょーもここにきて多額の支出を連発している。今後動画の中でどんな驚きの大盤振る舞いを見せてくれるのか。夢の大台に向けて加速するはじめしゃちょーのチャンネルに、今後も目が離せない。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる