スズメバチに刺され死を覚悟……危険と隣り合わせな生き物系YouTuberたち

危険と隣り合わせな生き物系YouTuber

 先日、昆虫観察動画で人気の生き物系YouTuberがスズメバチに刺されて入院したことを報告し、話題を呼んだ。

 被害に遭ったのは、9月6日時点で登録者数108万人のYouTubeチャンネル「おーちゃんねる」を運営する生き物系YouTuberの「おーちゃん」。王道のカブトムシ・クワガタから希少な珍虫まで、虫を中心とする多彩な生き物を大自然の中で次々と捕獲し、豊富な知識と親しみのある語り口で解説する“生物観察の鬼”として人気を博している。彼のチャンネルでとりわけ高い再生回数を誇るのが、スズメバチをフィーチャーした動画。野生のスズメバチを生け捕りにして様々な実験をしてみたり、自宅でスズメバチの巣を飼育したりと、危険過ぎて一般人が到底真似できないような企画の数々を実演し、多くのユーザーの関心を引いているのだ。

緊急入院しました

 しかし、「弘法も筆の誤り」とはまさにこのこと。スズメバチの取り扱いに関して百戦錬磨のおーちゃんだが、このほど、チャンネルの目玉コンテンツからついに反撃を食らった。
「緊急入院しました」と題して公開された動画で、おーちゃんは「私、実は病院に入院してました」と切り出し、「スズメバチに刺されまして、アナフィラキシーショックの症状が出ちゃったんですね。救急車で病院に運ばれて治療を受けて、一晩入院して今さっき退院して家に帰ってきました」と報告し、経緯を説明し始めた。

 その日、おーちゃんは捕獲後に筒状の容器「遠沈管」に保管していたスズメバチが弱っていたため、取り出して素手で触って遊んでいたところ、急に腹部から出てきた針に人差し指を刺されてしまったという。すぐに応急処置を施したものの、意識が朦朧とするなど、アナフィラキシーショックの症状がみられたので119番に通報。搬送先の病院で適切な処置を施されたこともあり、幸運にも、わずか1日で退院することができたようだ。

 改めて今回の体験を振り返り、おーちゃんは「スズメバチに刺された回数は多分両手に余るくらいありますから、いつアナフィラキシーが出てもおかしくない状態だったんですけど、出ちゃいましたね」と述べ、「今回は私、死を覚悟しましたよ。意識が朦朧としかけた時に正直死を覚悟しましたね」と語っていた。

 当然のことだが、YouTuberは視聴者が求めるものを提供してこそ人気者になれる。そして、生き物系YouTuberにとって「危険な生物を取り扱う動画」が、最も需要の高いカテゴリーの一つであることは間違いない。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる