YouTuberきまぐれクック、7キロの怪物級オマール海老を捌く! 衝撃の動画で230万再生突破

 7月23日、魚捌き系YouTubeチャンネル「きまぐれクック」にて、巨大オマール海老を調理する動画が公開。インパクトのあるサムネイルで公開後すぐに「急上昇動画」となり、すでに230万再生を突破している。

 スズキやシマアジ、アンコウから、果てはタツノオトシゴ、ウツボ、サメまで、様々な魚介類を捌いて調理していく、きまぐれクック。同チャンネルは、魚捌き系YouTuber・かねこの抜群な包丁捌きと、魚に関する軽妙かつためになるトークにより、チャンネル登録者数210万人を突破するほどの人気を博している。

 今回取り扱う食材は、重さ7キロもある超特大のオマール海老。かねこには、韓国へ動画撮影に行った際、市場で売られている特大サイズのオマール海老の個体を発見したものの、持ち帰ることができなかったため断念したという苦い経験がある。その悔しさから、日本でも巨大オマール海老を購入できないかとあらゆる手を尽くし、このほど、なんとか手に入れることに成功した。その達成感からかかねこは、まな板からはみ出るほどの巨大な体を眺めながら、「韓国で見た時よりかなり大きいサイズ!」「オマール海老の中でも最大級!」と嬉しそうに語る。

 かねこが選択した調理方法は「まるごと塩ゆで」というシンプルなもの。あまりにも巨大なサイズであるため、普通の鍋では対応できず、ガス屋から借りてきた大きな鍋と大きなコンロを外に設置して、1時間半じっくりと塩ゆでにした。2時間ほど冷やした後、いつものように見事な手さばきでオマール海老を解体していくかねこ。が、その爪だけは一筋縄ではいかなかった。包丁で切断しようとするも、文字通り歯が立たず、トンカチで叩くもびくともしない。それならばと、外のコンクリートにおいて全力でトンカチを振り下ろして、なんとか、剥き身にすることに成功する。「すごくないですか? これ!」と言って、カメラに見せたのは、身が抜けて空洞となったオマール海老の爪。空洞部分にかねこのこぶしが余裕で入り込むほど、巨大なものだった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!