ヒロミ、愛車の軽トラ「ハイゼット」のカスタム動画がヒット中 ロープホール完備で広がる“遊びの幅”

 タレントのヒロミがまた、愛用の軽トラ「ダイハツ ハイゼット ジャンボ カーキメタリック」(以下、ハイゼット)をカスタムする動画を公開した。

 6月21日に公式YouTubeチャンネル「Hiromi factory チャンネル」で、「【軽トラ】ハイゼットジャンボ、ロープホール加工!」と題した動画を投稿したヒロミ。撮影場所は同チャンネルではお馴染みの自宅ガレージ。動画冒頭、「今日もハイゼットジャンボをいじろうと思います」といい、荷台に荷物を固定する際に便利な「ロープホール」を作ると説明した。

【軽トラ】ハイゼットジャンボ、ロープホール加工!

 ヒロミとハイゼットの付き合いは、さほど長くない。購入のきっかけとなったのは、昨年2月13日に迎えた自身55回目の誕生日。DIYが趣味で、前々からホームセンターへ買い物に出かけた時に大きい荷物を運ぶ運搬車として、この軽トラに目を付けていたらしく、節目の誕生日を迎える“自分へのご褒美”として、我が家に迎えることを決めたのだ。その誕生日当日に公開した動画でヒロミは、晴れて“うちの子”となったハイゼットを初お披露目し、「かっちょいい」「テンションが上がる」と大喜びしていた。

 もちろん、車イジリをこよなく愛するこの男が、納車時の状態のまま乗り回すはずもない。ヒロミはこれまでに車高をアップさせたり、ホイールを塗装したり、マフラーを取り付けたりと、ヒッチメンバーを搭載したりと、自分好みにハイゼットをカスタムしており、その模様をYouTubeで逐一届けてきた。

 今回の動画も、そんなハイゼット改造記録の一端。車高を上げたり、マフラーを取り付けたりするカスタムは、ビフォア→アフターの変化がわかりやすく、作業としての華もある。しかし、本動画で行うロープホールの穴あけ・加工はかなりマニアックかつ地味だ。そのためか、ヒロミも「誰も興味がないよね(笑)」と自嘲した。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる