ヒロミ、岩城滉一、ロンブー亮にさかなクン……いま芸能界で“軽トラ”がアツい?

 昨今、YouTubeでマイカーを紹介する芸能人は多い。華やかな高級車やこだわりの旧車、ファミリー向けのワンボックスカーなど、披露される自慢の車は様々。そんな中、軽トラを愛車としてYouTube動画に登場させるタレントも少なくない。

 俳優の岩城滉一が5月28日、自身の公式YouTubeチャンネル「#51TV」で、最近購入したばかりの軽トラを紹介する動画を公開した。動画の冒頭、スタッフが「今日は何を?」と尋ねると、岩城は愛車を指し「今日はね、僕のこの大事なロールスロイス……違うか(笑)」と茶目っ気たっぷりに笑い、「シートをバケットシートに変えようと思って」と伝えた。

岩城滉一が軽トラを改造するとこうなります【ヤバすぎ】

 5月14日公開の動画で岩城は、この軽トラを初お披露目。購入に至った理由について「別荘の庭のチェーンソーとか草刈り機とか乗っけるのに普通の車じゃ無理だよね」「別荘が山の中なので雪がすごいんで、四駆じゃないとダメなんで」などと説明していた。ちなみに値段は「160万円くらい」とのことだ。

 その中でカスタムに意欲を見せる場面もあったのだが、この度公開された動画では既に、「ファッション的にいいし、すごく気に入っている」というおしゃれなロールバーが搭載されるなど、“岩城仕様”に変貌を遂げていた。それに加えて今回、腰痛対策、疲労軽減に効果的だとされる「RECARO」のシートを装着し、岩城は「ほんとに高そうな車になっちゃったね」と満足げな表情を浮かべた。

 軽トラには、目的・用途に合わせて独自のカスタムを施す楽しみがある。タレントのヒロミも昨年の55歳の誕生日を記念して購入した軽トラ「ダイハツ ハイゼット ジャンボ カーキメタリック」に、マフラー、ヒッチメンバー、ETC、ナビ、車載カメラを搭載するなど度々カスタムしており、その模様をYouTubeで届けている。また、ただカスタムして終わらず、様々なシーンで活用する姿も、ヒロミの公式YouTubeチャンネル「Hiromi factory チャンネル」では見受けられる。5月27日公開の動画では、お笑いコンビ・ラランドのためにDIYでこしらえたテーブルをハイゼットトラックの荷台に積み込んで、同コンビの事務所へと向かっていた。

【ハイゼット】ヒッチメンバーを付けてみた!

 さらに、ロンドンブーツ1号2号の田村亮も、公式YouTubeチャンネル「ロンブーチャンネル」に公開した動画で、業者から譲り受けたハイゼットトラックに、自作のシャワーや給水タンクを装着するなど、キャンプ仕様にカスタムする模様を届けている。加えて、実際にこの特製ハイゼットを運転し、相方・淳らとともにキャンプを楽しむ動画も投稿していた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる