嵐・二宮和也、念願のパズドラ実況で見せた“ガチ勢の腕前” 「見栄を張りたかった」

 嵐・二宮和也が、KAT-TUN・中丸雄一、Sexy Zone・菊池風磨、Hey! Say! JUMP・山田涼介とともに開設したYouTubeチャンネル「ジャにのちゃんねる」。今週公開された動画では、二宮が得意とするスマホゲーム「パズドラ」のゲーム実況や、菊池へのドッキリ企画を決行した。

列界の化身に挑戦!ノーチラスヤバい…。

 5月21日に公開された動画は、二宮ひとりでのゲーム実況動画。かねてより“ガチ勢”として知られ、嵐ではTVCMを務めていたパズルゲーム「パズドラ」の腕前を披露した。

 実況は、顔出しせずにゲーム画面と二宮の声のみ。挨拶もそこそこに、「列界の化身の攻略でございます」とさっそくゲームを開始。今回の動画について、「まさか二宮がYouTubeでパズドラの実況をすることになるとは思っておりませんでした」と話す。

 また、初めてのゲーム実況動画のため「見栄を張りたかった」とし、ゲーム画面の録画にあとから音声をアフレコする形で撮影したという。

 チャンネル開設時から、ファンの間では「いつか実況動画を出すのでは?」「にのの実況が見たい」という声も多かった中、今回の実況動画はファン待望の動画となったのではないだろうか。

 概要欄の二宮からのメッセージでは、ゲーム好きな人、そうでない人の両方への気遣いを見せていた。

#13 ここからは陰キャのターン…!!

 続いて5月23日に公開された動画では、ドッキリ企画を決行。今回のターゲットは菊池だ。

 ドッキリの内容は、「第1回 10分TikTok王決定戦」と題した偽企画で、メンバー4人がTikTokで人気の振付を10分で覚え、だれが上手くできたかを決める…という設定。しかし実は、菊池の振付しか動画では公開されないのだ。

 ドッキリの趣旨を説明する際、二宮は「長年、陰キャは陽キャに苦しめられてきた」「たまには仕返ししてもいいんじゃないか」と話し、中丸、山田も「素晴らしい企画ですね」「復讐のときがきましたね!」とそれに賛同。

 そして偽企画がスタート。振付をスローにして練習する二宮、大画面で練習する中丸と、それぞれ無言で振付を覚える。山田がそんな二宮の様子に気づき、思わず「悲しい! めちゃくちゃおじさんだわ」と先輩の“おじさん”感に嘆いてしまう。ターゲットの菊池はというと、まさか自分だけの映像が公開されるとは夢にも思わず、集中して覚えていた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる