「妻が綺麗過ぎる。」や「くみっきー」も……TikTokで流行する“一人称視点”カップル動画に注目

 2020年8月5日、Instagramにリール機能が搭載されたことで、同じ短尺動画を扱うアプリTikTokがさらに注目を集めた。定番のダンス動画やメイク動画はもちろん、ペット動画や祖父・祖母を映した家族動画、そしてカップル動画も人気ジャンルとなっている。様々な動画が投稿される中、トレンドは日々移ろい、新たな撮影方法やアプローチの映像がたくさん生まれているが、カップル動画もまたその例に漏れない。今回はそんなカップル動画に焦点を当て、現在どのようなものが人気を集めているのかについて言及したい。

 カップル動画と言っても、その方向性は様々だ。“カップルで踊ってみた”動画から、トレンドネタに挑戦する“カップルチャレンジ”、普段の日常を撮影したVlog風の動画や、国際恋愛ならではの投稿、パートナーへのドッキリ企画まで、実に多様な動画が投稿されている。また、公式マークがつくような有名クリエイターから一般の学生まで、投稿者も様々。見ているユーザーの多くは、そんな彼らの日常に思わず笑ってしまったり、癒されたり、憧れたりしているのだ。

 その中でも特筆したいのが、パートナーの一方しか画面に登場せず、もう片方は声のみの出演となる撮影スタイルだ。人気TikTokクリエイター「妻が綺麗過ぎる。」の投稿がバズったこともあり、このタイプの動画を目にした人も多いだろう。

 「妻が綺麗過ぎる。」は2019年3月10日のTikTokアカウント開設後、順調にフォロワーを増やす。その後、追い風となったのが、2019年3月19日投稿の「ディズニーから帰ってきた妻」がTwitter上で評判になり拡散されたことだろう。これをきっかけに、「妻が綺麗過ぎる。」はTikTokのフォロワー数を大きく増やし、今ではYouTuberとしても活躍、バラエティ番組へも進出しサクセスストーリーを駆け上がることになる。元タカラジェンヌの妻の自然体な姿と撮影している夫の優しいツッコミや相槌には、「可愛くて面白い」「こんな関係に憧れる」などのコメントが寄せられている。まさに、TikTokをきっかけにブレイクしたカップルTikTokerと言えよう。

 さらに、彼らと同じようなスタイルでの撮影が、カップル動画として人気を博しているタレントも。くみっきーの愛称で知られる舟山久美子だ。船山はもともと『Popteen』(ポップティーン)の人気モデルであり、現在はアパレルブランド『MICOAMERI』(ミコアメリ)のプロデューサーとしても活躍している。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

舟山久美子 くみっきー(@kumikofunayama)がシェアした投稿

 そんな舟山は、2019年9月に一般男性と入籍。実は舟山がモデルとして映っているカップルアカウントは夫である「ましゅ」さんが開設したものなのだ。そのため、TikTokのアカウントはくみっきー名義ではなく「ましゅみこ夫妻」となっており、紹介文には「夫婦の日常です 嫁ちゃんに内緒でしたがバレました」と記載されている。舟山の公式Instagram「kumikofunayama」の方でも2020年9月16日の投稿に、「最近やたらカメラ回すなぁ〜と思っていたら…マシュ君が私に内緒でTikTokをやってました」と記されており、舟山に知らせずに夫のTikTokアカウントが開設されていたことが伺われる。「ましゅみこ夫妻」もまた、「妻が綺麗過ぎる。」同様、舟山の素の表情やお茶目な姿が多くの人の支持を集めている。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる