ぱおん、きゅんです、○○しか勝たん……TikTokやインスタ用語多数の『ギャル流行語大賞2020』を解説

ぱおん、きゅんです、○○しか勝たん……TikTokやインスタ用語多数の『ギャル流行語大賞2020』を解説

 2020年の「新語・流行語大賞」が“3密”に決まり話題となったが、これとあわせて毎年注目されるのが「ギャル流行語大賞」だ。というのも今のティーンは「SNS世代」。流行となるワードの大半がTikTokやインスタグラム、Twitterなどで使用されているものとなる。「ぱおん」「○○しか勝たん」など耳馴染みのある言葉もそのうちの一つだ。

 「ギャル流行語大賞」は単なる流行りを知れるだけでなく、若い世代が今SNSをどのように活用しているかを読み解くヒントとなる。今回は10位から1位まで、2020年はどんな場面でどんなギャル語が流行ったのかを追っていく。よく聞くものから、大人はなかなか聞くことのない意外なワードまで出揃った。

10位 【ギョプる】

 「ギョプる」とはサムギョプサルを食べることを指す。K-POPアイドル、韓国コスメなどの韓国カルチャーのブームとともに発生した言葉だ。LINEで「明日どこでギョプる?」、インスタで「○○ちゃんとギョプってきた!」とあたりまえに使われている。

9位 【親フラ】

 動画配信やビデオ通話が当たり前となった今らしい流行語が「親フラ」だ。「親が来るフラグ」「親がフラっと部屋に来てしまいカメラに映ってしまう」などの状況を表す。「親フラごめん!」などと言って通話やライブ配信を終わらせる場面が見られた。

8位 【密です!】

 「新語・流行語大賞」で年間大賞となった3密と同じく、コロナウイルスの感染につながる「密」を避ける言葉が8位にランクインした。本来の意味から派生して、LINEが連投された時に「密です!」とギャグ的に使ったり、とくに意味もなく必殺技的に使ったりもする。

7位 【インライ】

 こちらは「インスタライブ」の略である。「今日インライするね!」「○○のインライ見れた!」などのように使う。おうち時間が増えて、好きなタレントや友達が突発的にライブを始めることもあり、このような会話はギャルの日常となっているようだ。

6位 【尊い】

 ギャル以外でも使っているのをよく見かける「尊い」は、自分の好きなアイドルやアニメのキャラなどに愛おしさを感じたときに出る言葉だ。今では、かわいい・かっこいいものに対してもカジュアルに使われ、とくにツイッターでよく見かける印象だ。「○○尊い、無理……」「はぁ推しが尊い……」とそこはかとなく哀愁を帯びて使われることが多い。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる