まだ遅くないTikTok入門 “かわいい/かっこいい”から“面白い”まで、人気TikToker9組を紹介

 2017年頃から若者を中心に絶大な人気を博している動画投稿SNS「TikTok」。現在も、多くの中高生が利用している。一説には、中学生のTikTok利用率は3割を超えるという。以前、知人の女子中学生と雑談していた際も、「YouTubeは長いから観るのに根気がいる。TikTokは一つの動画が1分程度で終わるし、スワイプしたらすぐ次の動画にいけるから観てて楽だし面白い」と話していた。90年代生まれの筆者がテレビに比べてインスタントなメディアに感じていたYouTubeですら、10代前半の女性には長くて根気がいると思われる時代なのだ。

 TikTokが流行のメディアの一つになっているとわかっていても、ハードルが高くなかなか観るに至っていないという方もいるのではないだろうか。YouTubeは普段からチェックしていて、TikTokも気になっているが手が出ない、そのため流行のTikTokerもわからない、知りたいが今更聞けない…そんな読者の方のために、まったく同じ状態だった筆者がTikTokを観あさってみた。今回は、TikTok上で人気の9組の投稿者を紹介したい。

もはや殿堂入り。TikTok発のインフルエンサー

 「新進気鋭のSNS」と言われてTikTokももはや3年以上が経とうとしている。女性たちが音楽に合わせてセクシーな表情を披露する「ウザい広告」(と言われていた)が流行ったのも、既に2年ほど前のことだ。歴史のあるSNSになってきたからこそ、もはや殿堂入りしているようなアイドルたちが存在する。

 それが13歳の子役事務所所属・🌻Hinata🌻 と、18歳の元Popteenモデル、ねおである。下記の動画を観ていただければわかると思うが、彼女たちが短い音楽に合わせて数秒間の顔のアップを公開するだけで、5~10万のいいねがつく。まさに新世代のアイドルだ。かわいらしい顔立ちだけではなく、継続的におしゃれな動画を撮影・編集してきた成果だろう。また彼女たちはこの若さで、なんともアンニュイな表情を使いこなしている。そうした演出力に魅力を感じている同世代の若者たちは多いのかもしれない。

変顔や身体を張ったネタで「つい見てしまう」芸人魂

 「かわいい」「かっこいい」おしゃれな映像ばかりだと思われがちなTikTokだが、意外とネタ映像に使われていることも多い。現在フォロワー数が日本で1位のじゅんやは、プリンを鼻で吸ってみたり、輪ゴムを顔にはじいてみたりと、まるで平成初期の芸人のように体を張ったネタを次々とアップする。

 たいてぃんは、ここに記載している他のユーザーほどフォロワーはいないが、ZOZOSUITSを着て部屋中を跳びまわり、地道に編集された動画などが好評で順調に人気を獲得している。彼については、ノリのいい母親とのコントなども人気だ。べろんちゅ【危険捕食生物】は、TikTokのサービスが開始された初期のころからいいね数の多いユーザーだ。うさ耳をつけ、独特の部屋着で独特のダンスを披露する様子が人気を博した。熱心なファンも多く、最近では「変顔とかしてるけど実は相当美人」というコメントが後を絶たない。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!