『オオカミくん』出演を経てブレイク 小西詠斗が語る“次世代俳優”の活動

『オオカミくん』出演を経てブレイク 小西詠斗が語る“次世代俳優”の活動

 『白雪とオオカミくんには騙されない』で話題になり、日テレ『ZIP!』の「キテルネ!」コーナーのリポーター活動や、ドラマ『どんぶり委員長』、舞台『刀剣乱舞』への出演など、この一年を通して活躍のフィールドを広げている若手俳優・小西詠斗。芸能活動を通しての成長や芝居への思いを聞いた。(中野亜沙子)

【記事の最後にサイン入りチェキのプレゼント企画あり】

ミスターコン、『オオカミくん』を経て、俳優になりたいと思うまで

ーー小西さんが芸能界に入ったきっかけは、男子高生ミスターコンですよね。

小西詠斗(以下、小西):はい。たまたま同じ高校に、男子高生ミスターコンのファイナリストがいて、僕たちもやってみよう! と友達と一緒に応募しました。

ーーお友達と! それで、小西さんがファイナルに残ったんですね。

小西:はい。楽しそうだなと思って応募しただけだったのですが、なぜか最後まで残ってしまい。僕は人見知りで人前で話せないタイプだったのですが、出場している周りの人たちは自分を表現できる人ばかりで圧倒されました。そこで、僕もこのままじゃダメだ、と刺激を受けました。

ーーそこで芸能界に入ろう、と思ったんですか?

小西:いいえ。それが、その頃から俳優に興味はあったんですが、自分にはセンスがないんだと決めつけてしまって一度広島の大学に入学したんです。大学に通い始めて1年くらいのタイミングで今の事務所に所属させていただいて、小劇場のお芝居に呼んでもらえる機会があり、そこで「お芝居を勉強したい」と本気で思いました。

ーーそれは『オオカミくん』の撮影が終わった後くらいの時期ですね。

小西:そうです。『オオカミくん』出演後のタイミングだったこともあり、『オオカミくん』に出てた人で終わりたくない、という思いも手伝ってお芝居への意欲はどんどん高まっていったと思います。

ーー実際に舞台を経験されてどうでしたか?

小西:稽古のあとに家でも台本を読み込むんですけど、その翌日に演出家の方に自分の努力したことをほんのちょっとだけど評価していただけたのがとても嬉しくて。これを仕事にできたら幸せだろうなと思いました。以前は演技のセンスがないから絶対できないと決めつけていたけど、お仕事を経験してからは「できなくても一生懸命やろう」という考え方に変わっていきました。

夢中になったらとことんやる、今はそれがお芝居

ーー努力されてきたんですね。ご自身はどんな性格だと思いますか?

小西:僕は夢中になったらとことんやる方だと思います。学生時代は弓道部で、学校は部活のために行っていたと言ってもいいくらい没頭していました。それが今はお芝居になっています。

ーー舞台にはプライベートでも見にいったりしていたんですか?

小西:もともと母が2.5次元の舞台が大好きで、家でDVDをずっと見ていて、ぼくもいつか出れたら楽しんでもらえるのかなと思っていました。

ーー2.5次元の舞台で影響を受けた作品はありますか?

小西:好きな作品は「黒子のバスケ」です。舞台ではボールがないのにボールがあるように見せる演技があり、「舞台ってすごい」と思いました。

ーーバスケの物語なのにボールを使わないなんて驚きですね

小西:そう思いますよね! テレビでは表せないような演出もたくさんあるので舞台を見るのは楽しいですね。同じ空間にいる生身の人間がすごい熱量で目の前でお芝居をして物語を作っているのを見ていたら鳥肌が立つし、感情移入ができます。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる