白石麻衣、後藤真希から柏木由紀まで YouTubeで見られるアイドルの“踊ってみた動画”がエモい

 グループアイドルの中に“推し”がいるファンにとって、テレビでのパフォーマンス時に集団の中の一人を追いかけることは難しい。ライブ会場へ足を運んだとしても、よほど良い席でない限り、見失ってしまう。

 YouTubeの「踊ってみた動画」は、そんな、推しのパフォーマンスをずっと見ていたいというファンの願望を叶える。中には何らかの強烈な引きを持ち、ファンに限らずとも数多くの人が視聴し、100万回再生以上をマークする動画も存在する。

 高難易度のダンスを華麗に踊りこなしている動画には、やはり強い訴求力がある。その意味で、AKB48屈指の難易度を誇るダンスナンバー「UZA」は格好の課題だ。

 元AKB48の板野友美は10月28日、自身の公式チャンネルに「【踊ってみた】1番リクエストが多かったAKB48のUZA」と題した動画を公開し、125万回再生(12月16日現在)をマークしている。

【踊ってみた】1番リクエストが多かったAKB48のUZA

 本動画にて板野は、現役時代に練習を頑張った楽曲1位に「UZA」を挙げ、「全然踊れなかったからめっちゃ練習した」と当時を振り返った。思い入れの強い楽曲だけあって、AKBグループの振付師を務めるダンサーの武田舞香、「UZA」の振り付けを担当したダンサーのakihic 彡とともに、ブランクを感じさせないパフォーマンスを披露した。

 AKB48の峯岸みなみも8月9日、自身の公式チャンネルに「UZA」の踊ってみた動画を投稿。「【踊ってみた】AKB48「UZA」衣装で踊ります【鬼コーチ登場】」と題して公開された動画で、当時の衣装を身に着けて気合の入ったパフォーマンスを披露し、再生回数は172万回に達している(12月16日現在)。

【踊ってみた】AKB48「UZA」衣装で踊ります【鬼コーチ登場】

 注目は“鬼コーチ”として、同曲のセンターを松井珠理奈とともに務めた大島優子が招聘されている点。メイキング映像ではなかなか振り付けを覚えられない峯岸に、大島が冗談めかして檄を飛ばすシーンも。AKB黄金期を支えた2人のやり取りに、エモさを感じたファンは多かったことだろう。

 同じくAKB48の柏木由紀も11月17日、自身の公式チャンネルで「UZA」含む数曲のAKB楽曲を踊る動画を公開し、再生回数136万回(12月16日時点)を記録した。

【踊ってみた】柏木由紀がAKB48の曲でランダムダンスに挑戦してみた!!

 内容は、AKB48の楽曲をいくつかランダムで流し、アドリブで踊ることができるか検証するというもの。「UZA」に次ぐ高難易度曲「Beginner」が流れると、「私がダンス下手なのバレる!やだー!」と叫ぶなど、楽曲ごとに見せる柏木の多彩な反応が楽しい。

 こうしたリアクション以上に視聴者の目を引いたのが、柏木のスタイルの良さ。特に、来年30歳を迎えるとは思えないほど細く引き締まったウエストには、コメント欄で「どうしたらこんな細いウエストになるの」「ウエスト細すぎない?!内臓入ってる!?」「細いっていうかもう薄い」など、驚きの声が多数届いていた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる