『今日好き 星空編』第1話ーー継続メンバーはあの2人!強い想いで参戦するも、序盤からまさかの失恋……?

『今日好き 星空編』第1話ーー継続メンバーはあの2人!強い想いで参戦するも、序盤からまさかの失恋……?

 男子4名、女子5名で幕を開けた『星空編』。前回の『秋月編』では、かずゆき(松本和志)とよしき(椿善稀)があやの(西綾乃)に告白するも、彼女は継続メンバーとして人気を集めるプレッシャーからか、どちらの男子ともカップル成立ならず。あの悲しい結末からしばらく経ち、同じ女の子に恋をした男同士として、かずゆきとよしきは『星空編』で早くも顔を揃えた。

 期待するのはもちろん、あやのとの運命の再会。『星空編』新メンバーとの顔合わせをすると早速、あやのとの未練や、今度こそ彼女とカップル成立したいという強いキモチをまっすぐに明かした。かずゆきは以前、あやのにプレゼントしたはずである学ランの第2ボタンが付いていることに軽く触れられたりと(彼曰く、やはり第2ボタンだけ無いというのは恥ずかしかったそうだ)、今回の旅もあやのを中心に動くのかと思われたのだが……。

 場面は、『今日好き』恒例である出発前のメンバーソロインタビューに。ここでは第一印象で気になる相手を尋ねられ、よしきがるな(黒咲月)とこのん(能登谷このん)、かずゆきはこのんと話してみたいと語っていたが、やはり繰り返すのは、あやのへの想い。と、ここで2人には、そんな彼女からそれぞれに手紙が届いていると告げられる。あやの本人が登場しないだけに、何やら怖い展開が待っているのか。

 気になる中身は、あやのが『秋月編』での思い出を振り返り、感謝の想いを深く示すもの。代表してかずゆきの文面を紹介すると、「私を好きになってくれてありがとう。かずくんと一緒にいると本当に元気が出て、笑顔になって辛いことも忘れてしまいます。」と、あやのの優しい人柄が伝わる柔和な言葉が並んでいた。

 しかし後半の内容は『星空編』の旅の舵を大きく切るような内容だった。先ほどの文章に続けて綴られていたのは、「だけど、恋愛としてかずくんに向き合うことはできませんでした。これからもその気持ちは変わりません。ごめんなさい。かずくん、次の旅頑張ってね。応援しています。」という、あやののキッパリとした意志。さらに、かずゆきの手紙には「P.S これは私が持ってちゃいけないと思うから返すね。」という追伸と一緒に、過去にあやのへの想いを託した第2ボタンも。

 過去の『グアム編』では、さとし(熊谷仁志)とまる(向葵まる)が2つの旅を通して念願の再会を果たした末に見事に結ばれ、今年に入っても、いぶき(木村伊吹)やりゅうが(赤羽流河)が時にカップル成立しないまでも、継続メンバーとして旅の途中から参加することで、彼らに想いを寄せていたメンバーの笑顔を引き出してきた。そんな運命の巡り合わせを見てきたからこそ、今回もそんな場面を期待していたのだが、まさかの旅の出発前から涙を見る結果に。かずゆき本人も語っていたが、受け入れるにはとても「キツい」だろう。同じ内容の手紙を受け取り、あやのの頑なな思いを知ったよしきも涙をこらえきれず、傷心した様子だった。

 ただ、あやのの決断の裏には、かずゆきとよしきが過去に踏ん切りをつけ、『星空編』での時間を無駄にしないでほしいという最大限の優しさがあり、それは本人らが一番に察したところだろう。何より前述の手紙を書くには、計り知れない勇気が必要だったはずだ。かずゆきとよしきは彼女の想いを受け継ぎ、この旅を通してもっと強くなれるに違いない。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる