白石麻衣、YouTubeで最後の『乃木中』収録現場の密着映像公開「バナナマンさんに会えないのが寂しい」

 乃木坂46の白石麻衣が10月17日、自身のYouTubeチャンネルを更新。「【メンバー初登場!?】最後の『乃木坂工事中』収録!【裏側潜入】#9」と題した動画を公開した。

【メンバー初登場!?】最後の『乃木坂工事中』収録!【裏側潜入】#9

 今回の動画は長年グループの冠番組として出演してきた『乃木坂工事中』(テレビ東京)の最後の収録現場に密着するといった内容。収録スタジオで白石は早速番組MCを務めるバナナマン2人の楽屋を発見すると、“公式お兄ちゃん”の楽屋入り口前で記念ショットを抑えていた。

 最後の収録では「DJをやりたい」という願いを叶えるべくDJセットが組まれていたが、早速リハーサルに勤しむ白石の姿が映された。先日11日の同番組のオンエアで、自身もパフォーマンスに参加するユニット曲「せっかちなかたつむり」のDJパフォーマンスを行ったが、本番前の貴重な様子が捉えられていた。また、ここ最近、白石は趣味でギターを練習しているという。「趣味でギターを始めて、今先生に教わっているんです。自分の幅が広がるかなと思って」と語っていたが、いつか上達した際にはYouTubeで披露してくれる日が来るかもしてない。

 そしてマネージャーから収録前の心境について聞かれると、白石は「今日でこの番組の収録は最後だから、めっちゃ寂しい……。でもこれからはいち視聴者になって楽しみますよ」と語った。

 リハーサルが終わり、楽屋に戻る白石。「白石さんは衣装を着替えるのが早いよね」とマネージャーから評価を受けていたが、白石は「ライブの着替えとかもハケたらすぐ自分でえチャックを下ろしつつ、着替え部屋に入っていましたからね。でも1期生は基本的にみんな早いんじゃないかな。(齋藤)飛鳥とかもすごく早いから」とコメントしていた。

 そして1本目の収録本番が終わると、白石に対して大きなリスペクトの気持ちを持つ3期生の大園桃子がインタビュアーとして登場した。大園が「今はどんな状況ですか?」と質問すると、白石は「今から次の収録なんですけど、ボンバーマンをやります!」と宣言。大園が「勝てそうですか?」と聞くと、白石は「勝つしかない! でもPS4でやるんだけど、結構PS4版は難しんだよね。日村(勇紀)さんもすごい強いしね。でも頑張りましょう」と意気込んだ。ちなみに実際のオンエアでは日村に2連敗していたが、泣きの1戦で勝利し、有終の美を飾っていた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる