リモートワークで体が鈍りがちな今、なかやまきんに君のYouTubeチャンネルが気になる

リモートワークで体が鈍りがちな今、なかやまきんに君のYouTubeチャンネルが気になる

 筋トレブームの昨今、筋肉をウリにしたネタをするお笑い芸人「なかやまきんに君」のYouTubeチャンネルが注目を集めている。その名もストレートに「ザ・きんにくTV 【The Muscle TV】」(以下、ザ・きんにくTV)。マッチョになりたいガチ勢からお笑い好きまで魅了する、なかやまきんに君の魅力とは何なのだろうか?

【超簡単】世界で一番温まる簡単ウォーミングアップ(動的ストレッチ=ダイナミックストレッチ)で運動不足も解消です。

人柄がにじみ出る丁寧な解説と絶妙なボケ具合がクセになる

【簡単】カロリーだけじゃなく、〇〇をコントロールして食べながら減量(ダイエット)する5つの方法。無理なく健康的に体脂肪燃焼出来る&重大発表です。

 「ザ・きんにくTV」にアップされる動画は、筋肉に対する真面目な解説と、時折現れるお笑い芸人の要素がいい意味でミスマッチを起こし、見ていてクセになる。例えば、きんに君のネタでもおなじみの「パワー!」、「ハッ!」といった掛け声を随所に取り入れているほか、なぜか合成に使うようなブルーバックの前で撮影している、チートデイ(あえて食事制限をやめて炭水化物をたくさんとる日)で白米をたくさん食べて幸せそうだけど見た目が全然おいしくなさそう、野外できんに君が話し出すとカラスがタイミング悪く鳴く、などツッコミどころが多数ある。見ている人を狙わずに笑顔にさせる才能はさすがお笑い芸人だ。

筋肉留学はダテじゃない。マッチョも納得のストイックな筋トレ

 なかやまきんに君の本業はお笑い芸人だが、本人曰く「本業はボディビルダー、お笑いはアルバイト」らしい。それほど筋肉のプロとして、自分の体づくりに本気で取り組んでいるということだろう。実際に、2019年に開催された「東京オープンボディビル選手権大会」の75キロ級で2位、「東京ボディビル選手権大会」のフィジーク40歳以上級で3位入賞と好成績を収めている。ちなみに、フィジークとは肉体全体の美しさが重視される競技で、筋肉の大きさを競うボディビルとは異なり、全身のバランスの良さやポージングの美しさなどが重要になる。

 大会で万全な状態をつくるため、なかやまきんに君は毎日のトレーニングメニューをこなすのと平行して、徹底した食事制限も行なっている。たとえば、休みの日でも朝は必ず7時までに起きてプロテインドリンク、鶏胸肉と蒸し野菜、亜麻仁油、バナナという決まった食事を食べた後にトレーニングに行くというルーティンを欠かさない。お笑い芸人でありながら筋肉中心の生活を送っているなかやまきんに君は一目置かれた存在になっている。

なかやまきんに君の転機となった“筋肉留学”とは?

【潜入調査】さすがはフィットネス大国アメリカ。え!!こんな時間にもうマッチョいるの?

 なかやまきんに君といえば、2006年から4年間ロサンゼルスでみっちり筋肉について学ぶ「筋肉留学」が話題となった。「実際は語学の勉強が忙しく10kg痩せてしまった」という結果がきんに君らしいが、そこで培った目標に向かって努力するマインドや運動生理学の知識はチャンネルでも生きている。

 そんな思い出の地・アメリカを舞台にした取材企画も「ザ・きんにくTV」の見どころだ。筋肉のメッカとも呼ばれる『GOLD’S GYM(ゴールドジム)』本店に行ったり、アメリカのボディビルダーにトレーニングの指導をお願いしたりとスケールの大きな企画が繰り広げられ、「世界レベルの筋肉はこんなにデカいのか!」と知ることができる貴重な機会になっている。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる