ピース又吉のYouTubeチャンネル「渦」はなぜ面白い? 視聴者放置のシュールな企画に注目

 多種多様な芸風を持つお笑い芸人が続々と登場している。それぞれの面白さが引き起こす化学反応とプロの技術で生み出される笑いは、テレビを通して私たちに元気を与え続けてきた。とはいえ、中には自分の好きな笑いをとことん見続けたいお笑いファンもいるだろう。

 ピース・又吉直樹のYouTubeチャンネルは、シュールな笑いに貪欲なお笑いファン必見のコンテンツだ。今回は、難解な企画が詰め込まれた又吉のYouTubeチャンネル「渦」の魅力に迫りたい。

 NSC時代から独特のお笑いセンスを発揮し、注目を集めていたという又吉。自身初の中編小説『火花』は芥川賞を受賞し、脚本家としても活躍する多才な人物だ。じっと耳を傾けたくなる言葉選びや話のテンポ・間から滲み出るセンスはまさにオンリーワンである。

 そんな彼のやりたいことを追求したYouTubeチャンネル「渦」は、私たちに未知の笑いを見せてくれる。演者を務めるのは、又吉を中心としたコント職人たちだ。メンバーには後輩芸人であるサルゴリラ・児玉智洋、ライス・関町知弘、フルーツポンチ・村上健志、スパイク・小川暖奈の4人が名を連ねる。

 企画一つ一つの充実度が高い中で、すぐにお腹いっぱいにならずに見続けられるのは、キャスティングの影響もあるだろう。メンバーがLINE上で大喜利を行う「いきなりやけど聞いてみよかな?」は、LINEの特性を活かしたテンポの良さとメンバーそれぞれのお笑いセンスが光る人気企画だ。視聴者はお題を出す人物のLINE画面を通して、自分も参加しているような身内感を楽しめる。

LINEのやりとりが大喜利に?【#1 いきなりやけど聞いてみよかな?】

 大喜利だけでも十分面白いのだが、彼らが繰り広げるちょうど良い温度のトークや関係性に心地良さを感じる視聴者は多い。メンバー同士でもめる流れになっても特段攻撃性を感じないので、終始穏やかな気持ちで楽しめるのだ。この心地良さが動画の見やすさにもつながっているのだろう。

 ただ、チャンネル全体がシュールな世界観であることに変わりはない。特に異色な企画として紹介したいのが「山に海を見せたい」だ。又吉の「沖縄の大きい山に大きい顔を作りたい」という夢を実現すべく動き出した企画だが、規模が大きすぎるため、本当に実現するのかどうかは謎である。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる