熱戦を終えた那須川天心&皇治、YouTubeで語った赤裸々すぎる“本音” 格闘技ファン垂涎の展開へ

 9月27日、さいたまスーパーアリーナで開催された総合格闘技イベント「RIZIN.24」のメインイベントとして、格闘家の那須川天心と皇治が激突。試合後、それぞれの公式YouTubeチャンネルで白熱の一戦を振り返った。

 2人による戦いは3分3ラウンドのキックボクシングルールで行われ、結果は那須川が3―0で判定勝ち。

 勝利を収めた那須川は早速、試合同日に「皇治戦 試合直後インタビュー」と題した動画を公開。リングで皇治と対面した時を振り返って「僕的には『やってやるよ』という感じでした。(皇治が)すごい煽ってきていたので、すべてを否定されているような気がしていたんですよ。だから『ふざけんじゃねえ』という気持ちがありました」と、闘志をむき出しにしていたことを告白した。

皇治戦 試合直後インタビュー

 試合では、那須川のプレッシャーを前に、皇治が手を出せない場面が目立った。「僕の圧力が思ったより強かったんだと思います。もう覇王色の覇気ですよ(笑)」と饒舌に語り、「今回、危なっかしさは1個もなかったと思う。倒せることなら倒しかった。反省点はたくさんありますよ。だから格闘技って面白いんですよ。もう追求。オタクですよ」と、あくなき探求心を見せつけていた。

 一方の皇治も、9月29日に「那須川天心戦~皇治が語る。」と題した動画を公開した。那須川戦に限らず、試合前に相手を挑発して対戦カードのボルテージを高めるのが皇治のスタイル。しかし、さすがに今回の敗戦は堪えたのか、今の心境を問われると「情けないなぁっていう一言かな」と力なくつぶやいた。

那須川天心戦~皇治が語る。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる