キスマイ千賀健永と宮田俊哉が仲間割れ? 「このアクリル板なかったら、ぶっ飛ばしてるかも」

キスマイ千賀健永と宮田俊哉が仲間割れ? 「このアクリル板なかったら、ぶっ飛ばしてるかも」

 Kis-My-Ft2の冠配信番組『キスマイどきどきーん!』(dTV)の第82話が、9月4日に配信された。今回は新コーナーとなる「二階堂高嗣の10問ドリル」と「キスナップ サーチ」の2コーナーだ。

 まずは、キスマイでも“おバカキャラ”として一目置かれている二階堂の学力を向上させるために、抜き打ちテストを行なう「二階堂高嗣の10問ドリル」からだ。10問中8問正解できればチャレンジ成功、3問不正解になったらチャレンジ失敗、というルールを目にし、戸惑いを見せる二階堂。小学生レベルの問題を解いていく二階堂は、果たしてチャレンジをクリアできるのか。珍回答にも注目だ。

 続いては、アプリ「Snap Camera」を使って顔と加工し、誰がどのポジションにいるのかを当てる「キスナップ サーチ」。前回に引き続き、体調不良で欠席の藤ヶ谷不在の6人でチーム分けをし、千賀健永、北山宏光、宮田俊哉チーム、玉森裕太、二階堂、横尾渉チームで勝負することになった。まずは前回一瞬で見抜かれてしまったメンバーが集まる千賀チームが先攻になり、ゲームスタート。最初のミッションは、毛筆で「ふじがや」と書いた字を見て予想する「毛筆」だ。玉森チームが二階堂が書いた字を全員左手で真似して書くという作戦を立てると、案の定「全然わかんない」(宮田)、「これは惑わせにきてる」(北山)と千賀チームは大混乱。千賀の「俺は1番がニカだと思うよ」という予想から「二階堂、玉森、横尾」という結果を出すが、「1ストライク」で失敗となった。

 2回戦のミッションは、藤ヶ谷の似顔絵を描く「絵」。出来上がりを見ると、どれも似たり寄ったりで意見が分かれる。北山と千賀が「二階堂、横尾、玉森」と予想する中、宮田だけは「1番が横尾」と主張する。結局宮田の意見は採用されず、今回も千賀の意見が通る結果になった。しかし結果は「0ストライク」。はじめは「いやいや全然。チームだから」と大人の対応を見せる宮田だったが、「このアクリル板なかったら、ぶっ飛ばしてるかもしれない」と不満を爆発させていた。

 3回戦のミッションは、「拒食症の教祖と競争する高所恐怖症の高僧」という早口言葉へのチャレンジ。すぐに噛んでしまう横尾にピンチが訪れる。その不安通り3番が噛みまくってしまい、北山に「横尾さんじゃん。完全に噛み方がプロ」と言われてしまう。果たして、今回で千賀チームの予想は当たるのだろうか。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる