スザンヌ、YouTubeチャンネル開設で“再婚”について語る 地元熊本からゆったり伝えるシングルライフ

 有名タレントのYouTuberデビューが相次いでいる2020年、新たなチャンネルをピックアップするとともに、その方向性や内容を検証する本企画。この1週間前後でも、あの人気お笑いコンビや地元の魅力を発信するママタレント、独特な空気を持つお笑い夫婦のチャンネルが誕生した。

さまぁ~ず「さまぁ~ずチャンネル」8月12日デビュー

さまぁ〜ずがYouTubeチャンネル開設をお知らせしまーす!

 お笑いコンビ・さまぁ~ず(三村マサカズ・大竹一樹)が待望のYouTubeチャンネルを開設。12日に予告動画を公開し、13日に本編が本格的に始動した。

 1本目の動画では、YouTubeのことを何も知らない二人が自分たちのチャンネルについてトークをするところからスタート。大竹は三村に、「(YouTubeを)やりたいって言ってたじゃん、三村さん」と投げかけ、それに対し三村は「やろうよって言っても、会議に呼んでくれない」と、やる気はあったようだが、なぜだか話が動かなかったことに不満をもらした。

 YouTubeを始めた理由については「家にずっといるのが気まずい」と、半分冗談のように話す二人だが、どういうチャンネルにしたいかについては、「みんなが見て笑顔になれるチャンネル」と意外にもまじめに(?)回答。その後、話の流れで動画の収録日が三村の結婚記念日だと発覚。そのまま大竹の結婚生活の話にも広がり、結局デビュー動画はさまぁ~ずらしい、ゆるめのトークで終了した。

 続く動画ではついに企画がスタート。記念すべき1回目の企画は、口だけを出せるサイズの穴をあけた、ゴム製の大きな袋に全身すっぽりと入り、掃除機で空気を抜いてピタッと吸い付かせる「バキュームベッドチャレンジ」という体を張るチャレンジだ。

 スタッフから企画内容を告げられると、「知らないゲームをやるときの大竹さん面白さ無敵」とちょっとジェラシー気味の三村。そして企画は、スタッフの提案で他にも誰かを参加させて行うことに。しばらく相談したあと、同じくお笑いコンビのフットボールアワー(岩尾・後藤)に決定した。

 その後ロケバスで移動し、フットボールアワーの打ち合わせに乱入。いきなり「やろう!」とさまぁ~ずが言うと、「この芸歴でもこの感じでやられるの?」と戸惑う二人。

 まずは、後藤がリハーサルとしてゴムの袋に入ってみることに。「簡易的やなー」と言いながらしぶしぶ入る後藤。突如、スタッフが掃除機を起動させると、その音にビビり穴から口を慌てて出すという場面も(実は三村も少し前にまったく同じ状況だった)。

 このチャレンジ本番の様子は、次回へと続く。金曜・土曜のゴールデンタイムに配信しているので、週末にゆったりと視聴したい番組だ。

スザンヌ「スザンヌChannel」8月12日デビュー

【Q&A】スザンヌYouTubeはじめました!

 タレントのスザンヌが、地元・熊本の魅力と自身の生活を伝えるYouTubeチャンネルを開設した。12日に投稿されたデビュー動画では、彼女らしいニコニコの笑顔で登場。自己紹介に加え、事前に募集したファンからの質問に答えた。

 質問内容は、熊本の魅力や育児、再婚への思いなどが中心となり、彼女が出演していたバラエティ番組『クイズ!ヘキサゴン』の元メンバーとの話題も飛び出した。元メンバーとは現在も交流があると話し、同じくYouTubeで動画を公開しているmisonoとは共演したいとも明かした。

 2本目の動画では銀座でのVlogを公開し、スザンヌが行きつけだという熊本のアンテナショップを紹介した。お土産コーナーでは、視聴者プレゼントも3つ購入。さらには、2階のレストランで「れんこんカレー」を注文し、食レポする姿も。

 終始、穏やかでゆったりとした彼女のペースに癒される。ファンのみならず、熊本にゆかりのある人や、彼女の生き方に共感する人は一度覗いてみては。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる