キスマイ宮田俊哉の“かっこいいシーン集”に北山宏光&二階堂高嗣が意義 「褒めるだけの日があったっていいじゃんか!」

キスマイ宮田俊哉の“かっこいいシーン集”に北山宏光&二階堂高嗣が意義 「褒めるだけの日があったっていいじゃんか!」

 Kis-My-Ft2の冠配信番組『キスマイどきどきーん!』(dTV)の第76話が、7月24日に配信された。

 今回配信されたのは、宮田俊哉にフォーカスした「SUPER MIYATA 5」。編集をしていたキスどきスタッフが「宮田の存在がちょっと薄い」と感じ、誕生した企画である。宮田いわく「キスマイの中で俺のことをかっこよくないと思っているベスト2」の北山宏光と二階堂高嗣を迎え、宮田自身が選んだ活躍シーンを振り返っていくことになった。

 まず挙げられたのは、第39話「キスマイ道場破り〜相撲編〜」。ともにコーナーに挑んだ二階堂と千賀健永が負け続きの中、小学6年生に挑んだ宮田はまさかの勝利。逃げ回っているように見せかけ、突き落としを決めたのである。このVTRを見た二階堂は、「全然違うよ、編集ってすごいよ。何にでもなれるからね」と異論を唱える。実は、カメラが止まった時に「1発目に勝っちゃってごめんね」と謝っていたという。

 2つ目は、第40話「キスマイ監きーん〜デスソース編〜」。世界一辛いデスソースの瓶を空にするというミッションにチャレンジしていた二階堂、千賀、横尾渉。そこに助っ人として現れたのが、激辛が得意な宮田である。宮田は二階堂から「話したい」という嘘で呼び出されていたため、「悩みがあるの?」と心配する素振りを見せる。二階堂が「あるわけないじゃん」と答えると、「なら良かった。それが一番安心だよ」と優しい言葉をかける。しかし、このVTRに北山が物申す。二階堂たち3人がロケをやっているのは、グループのスケジュールを見ればすぐに分かるという。実は宮田がオフの日に何も知らず駆けつけたように作り込んでいたのではないか、という疑いだ。すると宮田は一瞬言葉を詰まらせ、「そういうとこ突いちゃう?」と言い放つのであった。

 3つ目は、第51話「キスどき 慰安旅行編」。メンバー全員で珍しい鳩時計屋さんを訪問した際、横尾に自腹で時計を買わせようと二階堂が「ワタ、これいいじゃん! いく? 自腹」と仕掛ける。しかし、横尾は現金がないと自腹を回避しようと必死。すると二階堂が「貸してあげれば? 宮田が……。それか、プレゼント」とターゲットを宮田に移す。渋っていた宮田だが、「横尾さんにプレゼントするよ」と5万5000円の鳩時計を購入したのであった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる