本田翼、メイク動画の反響によろこび すっぴん姿への大絶賛には「光バーンって当ててるだけなんで……」

本田翼、メイク動画の反響によろこび すっぴん姿への大絶賛には「光バーンって当ててるだけなんで……」

 LINEモバイル株式会社が主催する「LINE MOBILE記者発表会」が2月10日(月)に東京・青山にて行われ、同社代表取締役社長の今村隼人氏と女優の本田翼が登壇。新戦略の発表と、各所で話題となった「LINE モバイルダンス」シリーズ第4弾となる新CMが初お披露目された。


 2019年度のユーザー利用増加率が全キャリア中ナンバーワンの実績だったというLINEモバイル。その大部分となる75%を、通話などに代表される音声ユーザーが占めているという。また、18歳未満の利用率が前年比201%、女性ユーザーの申し込み率が50%にも上ったと発表した。


 ユーザー数の増加を牽引したのは、「毎月の支払料金が安さ」、「料金プランがわかりやすい」、「契約の2年縛りがない」「キャンペーンがお得」「データフリーでデータ消費ゼロ」と今村氏は分析。そのほか、省令・法令としてMNOへの値下げ要請、電気通信事業法改正、格安SIM利用者の増加、SIMフリースマホの拡大、アプリ・サービスの多様化など、スマホを取り巻く外部環境が大きく変わったこともユーザー数を伸ばす要因となったと説明した。


 以上のことから、ユーザーのニーズに臨機応変に対応し、モバイル端末によるコミュニケーションを支援することを基軸とし、「SIMPLE・FREE・VALUE」という3つの指標を今村氏は提示した。1つ目の施策は、3GB以内の音声通話SIM、月額基本利用料が割引なしで1,480円で使用できるプラン。こちらは、全てのプランでLINEの通信量をカウントしない設定になっている。SNSとLINE MUSICのデータフリー利用については、オプションサービスとして提供されるとのこと。


 さらなるキャンペーンも実施予定で、3GB以上かつ、音声SIMへの新規契約もしくは、一部プラン変更をすることにより、基本料金を初月無料、2ヶ月目に1,480円を割り引くサービスが提供される。また、音声SIMのSNSデータフリーか、SNSと音楽データフリーのプランに申し込むと、データフリーのオプションが2ヶ月無料で利用できるサービスが適用される。

 2020年夏からは、プリペイドSIMサービスも開始とのこと。格安SIMを試してみたい層と、オリンピックイヤーであることから、短期間利用のソリューションを抱えるユーザーに対し、プリベイドSIMサービスを提供する。料金体系は未定で、今後発表予定。


 会見の中盤では、「LINE モバイルダンス」シリーズ第4弾となる新CMが初お披露目された。同CMに出演するのは、女優にモデル、YouTuberなどマルチに活躍する本田翼。会見には、CMでも着用しているというワインレッドのワンピースで報道陣の前に姿をあらわし「ダンス経験がなかったんですけど、思いっきりやってほしいという監督の要望に、失敗を恐れず思いっきりやらせてもらいました」と笑顔を見せた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる