ヒカキン&セイキンが新曲「夢」に込めた思い 「“やらない後悔”だけはしたくなかった」

 人気YouTuberのヒカキン&セイキンが12月15日、新曲「夢」のMVを公開。各種音楽配信サービスでも同曲をリリースした。

ヒカキン &セイキン – 夢

 これに合わせてHikakinTVで公開された動画「『夢』を忘れていませんか?」で、2人が楽曲に込めた思いを語っている。作詞作曲はいつもどおり、セイキンが担当。ヒカキンは「夢」というタイトルとともに、曲に込めたいメッセージを「2行だけ」伝えたという。

『夢』を忘れていませんか?

 それは、<一度きりの人生 夢を叶えないか><忘れてはいないか あの日見た夢のこと>の2つのフレーズで、実際に歌詞になっている。「兄弟そろって30代になり、まだまだ夢半ばではあるんですけど、正直、だいぶ叶えてこられた」とヒカキン。そして、「なぜ夢を叶えてこられたのか」と考えたときに、「一度きりの人生なんだから、と思い切ってやってきたことに尽きる」という結論に至ったのだという。

 挑戦してダメだったのなら仕方がないが、「やらない後悔だけはしたくなかった」というヒカキンの言葉に、セイキンも大きく頷く。2人はまだ「YouTuber」という言葉もなく、動画活動で生計を立てることがまったく一般的でなかった時代に、会社を辞めて夢に向かうという、大きな決断をしている。しかし、不思議と迷いはなかったと、当時を振り返っていた。

 今回の楽曲では、2番のAメロで、ヒカキンが世に出るきっかけとなったヒューマンビートボックスを披露するパートがある。出演が発表されている12月27日放送の『ミュージックステーション ウルトラSUPERLIVE 2019』(テレビ朝日系)など、ライブパフォーマンスでも見せ場になりそうで、動画にはレコーディング風景も収録されているので、ファンはチェックしておこう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる