>  > 『オオカミちゃん』第4話、ほのばびとBTSのシンクロに感動

『オオカミちゃん』第4話、“ほのばびとBTS「Lights」のシンクロ”にコメント殺到

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットテレビ局「AbemaTV」の「AbemaSPECIALチャンネル」にて、毎週日曜22時より放送中の『オオカミちゃんには騙されない』。8月4日には第4話が放送された。

 『オオカミちゃんには騙されない』は、真実の恋をしたい男女10人が、恋の駆け引きやデートを繰り返しながら、本気の恋に落ちていくまでを追いかける恋愛リアリティーショー。シリーズ6作目となる今作では、今までのシリーズとは異なり女性5名の中に絶対に恋をしない嘘つき“オオカミちゃん”が1人以上いることが最大の注目ポイントとなっている。

 この度放送した第4話は、放送中のコメント数が初回第1話の1時間スペシャルを超え、『オオカミちゃんには騙されない』史上最大数に。放送中もっともコメントが盛り上がったシーンは、番組後半にゆいととほのばびが2人で話す場面にて、ほのばびに対しゆいとが今の素直な気持ちを告白するシーン。視聴者からも「お互い辛いと思う」「切ない2人とも…」「ばびちゃん大人」「ゆいと頑張ったね」など、2人の気持ちを代弁するコメントが数多く寄せられた。

 第4話は、男女の本音が浮き彫りに。飯豊まりえも思わず「4話面白い! なにから話します?」と番組開始早々興奮が冷めやらぬ様子。まずは、太陽LINE(デートの誘いが全員に通知されそのデートに誰でも参加できるルール)でデートに出掛けたゆいととあいり。始終ニコニコが止まらないゆいとの素直なリアクションを、スタジオの女性陣は大絶賛。飯豊が「あんなに分かりやすく反応返ってくるの嬉しくないですか?」と言うと、Dream Amiも「めっちゃ見つめてたもん!」、横澤夏子も「ちょうどいい束縛というか、ちょっと詰める感じ。なんか嬉しいですよね」と同意。2ショット写真を撮るために、あいりの傘を自然に閉じる姿にも、Dream Amiと飯豊は「カッコイイ!」と太鼓判を押した。

 

 しかし、ゆいととあいりの元に、いととほのばびが合流すると、ゆいとは動揺。横澤さんは「あんなに人が取り乱してる瞬間って見れなくないですか!?」と驚き、松田凌は「男の子はみんなわかる、あぁいう気持ちは…、あぁなっちゃう!」とゆいとに同情するも、Dream Amiは「あそこで男らしさも判断できちゃう」と女性側の感情を冷静に分析した。

 その後、ゆいととほのばびがお互いの本音を話し合い、「今日でけじめをつけました」と涙ながらに話すほのばびにスタジオは思わず涙。BTSの日本オリジナル楽曲「Lights」が使用され、視聴者からも「こっちも泣けてきた」「Lightsいい曲」「ここでLightsはやばい!泣く」「このタイミング!Lights最高」と、ほのばびの感情とシンクロする「Lights」に対しコメントが殺到した。

      

「『オオカミちゃん』第4話、“ほのばびとBTS「Lights」のシンクロ”にコメント殺到」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版