>  > 本田翼『ラジエーションハウス』放送前日にゲーム配信

本田翼『ラジエーションハウス』放送前日に『Apex Legends』生配信 「ゲーム人口増えないかなー!」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本田翼が4月7日、自身のYouTubeチャンネル「ほんだのばいく」にてゲーム実況配信を実施した。

 本田がプレイしたのは、基本無料のバトルロイヤルゲーム『Apex Legends』。彼女は配信前にInstagramのストーリーで『Dead by Daylight』とどちらをプレイするかアンケートをとったが、『DBD』が38%、『Apex』が62%という数字になり、後者をプレイすることになったと説明した。本田はプレイ前に「前回は結構酷かったんですよね。それ以来一週間『無理だ』と思ってやらず、寝かしてておとといからやり始めたんですよ」と、前回配信を振り返りながらつぶやいた。

 ゲームは20部隊(3人1チーム・全部で60人)ものプレイヤーがフィールドに降り立ち、最後の部隊が決めるまで倒し合うというもの。1試合目の本田はキャラクターにライフラインを選択し、「下手なんで」と自虐するものの、慣れた手つきでアイテムを回収。さっそく銃を持った相手に丸腰で向き合ってしまい、ダウンしてしまうものの味方に助けられ、なんとか持ち直す。アイテム・武器集め後、強力な武器であるウイングマンを取るも、どこかに落としてくるという凡ミスをしてしまったり、味方だと思い込んでいたプレイヤーが敵だったりと大騒ぎを繰り返し、結局は全滅してしまった。

 2試合目に向かうロビーでは、プライベートのアカウントだと50キルに到達したこと、最近はドラマ『ラジエーションハウス』の撮影でゲームをちゃんとできる時間がなかったことなどを告白。4月11日に地球防衛軍の新作が出るからそれをやりたかったが、8日のドラマ初回放送に向けてこの日に配信を行ったことを明かした。

 2試合目は、ジャンプマスターが開幕で海にダイブし、部隊全滅という滅多にない事態になるも、3試合目では回線の状況もあり、レイス(本田)とジブラルタルの2人部隊で挑戦。味方の強さにも助けられたうえ、EVA-Bオートをゲットし、キルリーダーを倒すなど、高パフォーマンスを発揮。その後、紫シールドの敵をうまく倒せず、部隊は全滅するも、本田は初となる1試合3キルを達成した。

 4試合目は敵舞台のいる場所へダイブするも、開幕で放ったテルミットグレネードで自身もダメージを受けて瀕死に。味方のパスファインダーに助けられ「パスファインダーっていい人が多いと思うんだ!」と感謝するも、相手に1ダメージも与えられず部隊が全滅し「これが限界よ」と投げやりになった。

      

「本田翼『ラジエーションハウス』放送前日に『Apex Legends』生配信 「ゲーム人口増えないかなー!」」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版