最新ビデオカメラ3選 インスタで使える機能搭載カメラからYouTuber御用達モデルまで

 YouTuberとして活動する人が急増している。一方で事務所がバックアップの元、自分のキャラクターを活かして、動画配信を行う芸人やモデル、アイドルたちがあとを絶たない。

 かつてはスマホ1つで簡単に配信が行えていたものの、プロの参入によって、高画質で構成の練られた動画がアップされ、なかなか素人が真似できるクオリティではなくなってきているのが現状だ。

 一方、テレビのコンプライアンスに合わせた事務所所属のタレントとは異なり、街を歩き、生々しい突撃取材や、より自由な旅行動画の撮影、本音の商品レビューを行うことができるのも動画投稿者の強みではある。

 そんな投稿者が動画のクオリティをアップさせる手段として、一番てっとり早いのは撮影機材だ。今回はセレクトした10万円以下の低価格の最新撮影機材を紹介したい。

女子もうれしいおしゃれ機能も「OSMO POCKET」

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)

 まずはドローンで有名なdjiが発売したOSMO POCKET。メーカー最小の3軸スタビライザージンバルを搭載しているので、片手でスムーズな撮影ができる。ジンバルのみならず、電子式手ブレ防止機能、光学式手ブレ防止昨日が付いているので、走りながらの撮影も可能。片手で収まるほどミニマムで軽量なので機動性も高く外撮影にはもってこいの商品だ。

 スマートフォンの自撮り棒よりもリーチが短いので、人ごみでの撮影にも不自由しないはず。4Kも対応している上に、レンズにはF2.0の絞りを搭載しているので、映画のようにドラマチックな映像を撮影できるのもうれしい。また、モテクリエイターゆうこすがレビューしているように女子に嬉しいオプションも。

 美顏フィルターやおしゃれなテンプレートはインスタグラム用の動画撮影にも向いているはずだ。

 フェイストラッキングという顔をカメラが勝手に追ってくれる機能に加えて、スマートフォンをモニターとして直接装着することもできるので初心者でも臨場感のある撮影をすることができる。

 djiはスマートフォン用のジンバルを発売している会社だけに、初心者としても扱いやすい商品が多く、注目したいメーカーだ。

DJI – Meet Osmo Pocket

超小型なのにスロー撮影可能な「GoPro HERO7 ブラック」

GoPro HERO7 ブラツク CHDHX-701-FW

 山や海などの自然や、旅先など、機材にとって過酷な状況で撮影するならばGoPro HERO7ブラック CHDHX-701-FWだ。

 水深10メールまで撮影できる耐久性はもちろんのこと、タイムラプス機能で撮影者が自転車で走行していたり、サーフィンを楽しんでいる時もダイナミックな映像が撮影できる。

 低価格帯としてホワイト、シルバーも発売されているがおすすめは断然ブラック。ブラック限定の機能として、1080p240 ビデオ(ハイビジョン画質)で、8 倍のスローモーションを楽しめるので、ドキュメンタリーなどの作品撮りにも向いている。

 シルバー、ホワイトは本体ごと充電しなくてはいけない弱点があるが、ブラックの場合はバッテリー交換式なので継続的な撮影が可能なのも嬉しい。

 また、音声コマンドでハンズフリーの音声調整をしてくれるので、強風でも粒の揃った音がきちんと録音できるのも特筆すべき点だろう。

 配信者にとってはFacebook Liveへのビデオストリーミングが可能なこともあり、配信の初心者にもおすすめの小型カメラだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!