あらゆるものを包丁へと変えるYouTuber「圧倒的不審者の極み!」 海外からも人気の理由に迫る

 現在のYouTubeの現状はブルーオーシャンからレッドオーシャンに変わりつつあり、新たに参戦することが難しいと言われることも少なくない。しかし、そのなかで状況に左右されず、確かな地位を獲得しているのが、「圧倒的不審者の極み!」のような、ある種専門的なスキルを持ち合わせたYouTuberだ。誰にも真似できないアイデアとスキルが、彼の大きな魅力となっている。

 動画のコメント欄を見ればよく分かることだが、海外からの声が非常に多く、動画によっては日本人のコメントを探すのが大変なほどだ。英語字幕の効果も高いと思われるが、言葉が違っても楽しめるコンテンツであることが大きい。ビジュアルだけで面白さが伝わるのが、圧倒的不審者の極み!の強みである。先日は水溜りボンドが投稿した動画「本気でチャーハン作るドッキリwwwwww」に関連して、巨大チャーハン(食品サンプル)の画像が『TIME』誌に掲載されるなど、海外で大いに拡散されたが、数々の包丁動画はこれに近いインパクトを持っている。

 誰にも真似できない専門生を持っているからこそ、様々なジャンルのコンテンツが溢れているYouTube界隈において、着実にチャンネル登録者を増やしてきた「圧倒的不審者の極み!」。メディア露出も増えているHIKAKINをはじめとする人気YouTuberと比較すると、一般知名度はまだ高くないが、これを機に動画をチェックしてみてはいかがだろう。

■川崎龍也
音楽を中心に幅広く執筆しているフリーライター。YouTubeを観ることが日課です。
Twitter:@ryuya_s04



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる