SKE48松井珠理奈、高柳明音、竹内彩姫、日高優月がTikTokerに! オリジナル“あわあわダンス”を披露

SKE48松井珠理奈、高柳明音、竹内彩姫、日高優月がTikTokerに! オリジナル“あわあわダンス”を披露

 12月11日、ショートムービーアプリ『TikTok』とサブスクリプション型音楽ストリーミングサービス『AWA』の業務提携を記念した『「SKE48」TikTokerデビューお披露目会』が行われ、SKE48の松井珠理奈、高柳明音、竹内彩姫、日高優月がTikTokerから『TikTok』の使い方などを学んだ。

 イベントは両社の代表者による業務提携を紹介するところからスタート。エイベックス・デジタル株式会社代表取締役社長 兼 AWA株式会社代表取締役副社長の若泉久央氏、AWA株式会社代表取締役社長の小野哲太郎氏、Bytedanceコーポレートデベロップメント担当シニアバイスプレジデントのLiu Zhen氏、Bytedanceグローバルビジネスデベロップメント本部長の井藤理人氏が登壇。井藤氏による挨拶を終え、小野氏による業務提携に関するプレゼンテーションも行われた。

 ここでは、2社の業務提携後に行った施策として、TikTokのアプリ内で音楽をフル再生ができるようになったことや、使える音楽が増加したこと、『AWA』からも気に入った音楽があれば「TikTokでビデオを撮影」機能ですぐにTikTokが立ち上がること、またTikTok上にAWAからのオススメ音楽を紹介する機能を搭載したことなどを紹介した。ほかにも、オリジナル楽曲の開発やアーティストの発掘育成、共同プロモーションなども進めていくという。

左から、SKE48の日高優月、松井珠理奈、高柳明音、竹内彩姫。

 その後、SKE48の松井、高柳、竹内、日高が登壇。竹内が「7年目にして自分の好きが仕事につながった」と興奮を隠しきれずに喜ぶと、『AWA』『TikTok』の両サービスを使っている高柳は「ラジオ風にしてお届けするプレイリスト『高柳明音の音旅』を作ったりと、自分の音楽が『AWA』で出来ていると思うくらい使っています」とコメントした。

TikTokerの加藤(左)と萩田帆風(右)。

 先輩TikTokerの芸人の小島よしおとTikTokerの“ほのぴぴ”こと萩田帆風、加藤の2名が登場し、今回のために作られたオリジナルダンス「#あわあわダンス」を披露。まずは2人が踊り、そのあとに小島が踊ったが、SKE48のメンバーからは小島の踊りに「怖い」「筋肉の無駄使い」といった容赦ないコメントが浴びせられる。

小島よしお。

 高柳はあまりの早さに「覚えるときは遅めのスピードだったので、この早さについていけるか不安」と口にして挑戦すると、その不安は的中し、松井・日高・竹内はなんとか踊れたが、高柳は失敗。萩田から「撮影するとき、スピードを『2倍遅』にすると簡単にできる」とアドバイスをもらい、今度は成功。その適応力の早さに、小島は「もう先を越されました。どうやったら可愛く見せるかを知ってる」と、お手上げだった。なお、今回撮影した動画はSKE48の公式TikTokアカウントに投稿されている。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 その後、松井は「シングル『Stand by you』もリリースになりますが、SKE48の曲だけじゃなく、色んなことに挑戦したいです。さっきも楽屋で『全力〇〇』に挑戦して、10年間やってこなかった変顔を撮影しました」と告白。これには高柳も「(松井の)変顔がすごいの」とリアクション。また、新曲はTikTok用の振り付けも作ってあるそうで、日高は「ファンの方にも振り付けを真似して投稿してもらえたら嬉しい」とコメント。また、『TikTok』好きの竹内は「将来の夢をTikTokerにしたいくらい好きだったので、SKE48の魅力や『TikTok』の魅力がどんどん伝わっていけばいいと思いました」と、今後の投稿にも意欲を見せた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる