YouTuber草なぎ剛「冗談ハンバーグ!」 マリオカートで久しぶりに“名言”飛び出す

 少し前はチャンネル登録者数や視聴回数の伸び悩みを語る場面もあったが、最近は料理にジーンズ紹介、ゲーム実況と、自由な活動でファンを喜ばせている、YouTuber草なぎの公式チャンネル。6月7日には、「昔から神と言われてる」と自信を見せる『マリオカート』(マリオカート8デラックス)の実況プレイ動画がアップロードされた。

【マリオカート8DX】久しぶりに遊んだらぼこぼこにされた!みんな速すぎ!

 4月にもプレイ動画を上げ、ゲーム性とグラフィックの進化に大興奮だったが、今回はもっともスピードが速く、マシンの制御が難しい「200cc」のグランプリモードで、コンピュータと対戦することに。キャラクターはいつもの通り「マリオ」、マシンは見た目重視でバイクの「スーパーコメット」、タイヤは「ワイルドタイヤ」というカスタマイズで、レースに挑む。ステージは「たまごカップ」だ。

 最初のコースは、「ヨッシー」のシルエットをたどる、スタンダードな「ヨッシーサーキット」。見事にスタートダッシュを決めるも、周りのスピードもかなりのもので、「みんな速い、やりやがる!」と燃える草なぎ。結果はまずまずの5位だった。

 続いては、懐かしのファミコンソフト『エキサイトバイク』をモチーフにしたコースだ。スピードが落ちてしまうぬかるみがあったり、デコボコのジャンプ台が連なっていたりと仕掛けが多く、またバナナや甲羅など、コンピュータが仕掛ける罠にもひっかかってしまった草なぎは、なんと最下位の12位に。普段は温厚な草なぎも、車に乗ると人が変わるドライバーのように少し苛立ちを見せたが、「これも実力だ!」と飲み込んでいた。

 第3コースは、『スーパーマリオギャラクシー2』のボスキャラクターをモチーフにした、「ドラゴンロード」。うねうねと曲がりくねった走りにくいコースで、「冗談ハンバーグだよ!」と、久しぶりの名言も飛び出すが、真剣モードで一時は1位に立つなど、少しずつ勘を取り戻していく。結果は4位だったが、上り調子だ。

 そしてファイナルレースは、スーパーファミコンの名作『F-ZERO』の人気コースをアレンジした「ミュートシティ」だ。加速装置の多いハイスピードコースに上手く対応し、終盤まで3位をキープするが、最後にバナナを踏んでしまい、結果は6位。トータルの成績も6位となった。

 ほとんど初見プレイであることを考えると悪くない結果だったが、草なぎは「自分的には納得いかない」と首を捻る。ただ、「このあと、舞台もあるから、喉を使うのはやめておこう」と、コントローラーを手放すのだった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!